【画像】鍵山優真の父・正和の若い頃がイケメンすぎ!息子に似てる?

フィギアスケートの鍵山優真選手のコーチは父・鍵山正和さんですが、正和さんはかつてはオリンピックに出場したこともあるフィギアスケートの選手でした。鍵山正和さんの現役時代について調べてみると若い頃はなかなかのイケメンでした。

Sponsored Link
スポンサーリンク

鍵山優真の父・鍵山正和の若い頃!現役時代オリンピックに2度出場

鍵山優真選手のコーチでもある父親の鍵山正和さん。

現在はフィギアスケートのコーチをしていますがかつては日本フィギアスケート界を牽引する選手でした。

日本代表として1992年アルベールビル、1994年リレハンメルとオリンピックに2度出場しました。

全日本フィギュアスケート選手権で3連覇しています。(1991〜93年)

当時の鍵山正和さんの画像がこちらです。

鍵山優真の父・鍵山正和の若い頃

引用:twitter.com

かっこいいですね。体型もフィギアスケートの選手らしいスタイルをしています。

当時のプロフィールによると

鍵山正和
1971年12月4日生まれ
身長 160cm
体重 60kg91年 全日本フィギアスケート選手権 優勝
91年 世界選手権(ミュンヘン)10位
92年 全日本フィギアスケート選手権 優勝
92年 アルペービルオリンピック 13位
92年 世界選手権(オークランド)19位
93年 全日本フィギアスケート選手権 優勝
93年 世界選手権(プラハ)8位
94年 リレハンメルオリンピック 12位
94年 世界選手権 6位

と数々の実績を残しています。

現在年齢は50歳です。(2022年)

身長が160cmと体型も息子・優真さんに近いですね。

1994年の世界選手権を最後に現役を引退しています。

Sponsored Link

鍵山優真の父・鍵山正和の若い頃がイケメン!演技は?(動画)

こちらは1993年のノルウェーで行われた国際大会のときのものです。

鍵山優真の父・鍵山正和

なかなかのイケメンですよね。

こちらは1994年リレハンメルオリンピックの画像です。

鍵山優真の父・鍵山正和

気品もありますね。

当時はバブル崩壊、時代も昭和から平成に移ったばかり、今から30年ほど前です。この頃は正和といえば田村正和さんが大人気でした。鍵山正和さんが「フィギア界の田村正和」と呼ばれていたかは定かではありません。

こちらは1992年アルベールビルオリンピックでの演技です。

鍵山正和さんのスケートはソフトなライディングが美しく、膝が柔らかいということで評価されていました。オリンピックの演技でも光っていました。

しかし、滑りは上手いがジャンプの失敗が多くてなかなか得点につながらないという印象もありました。

また、鍵山正和さんは日本の男子選手では4回転ジャンプを初めてプログラムに入れたという評価されるべき選手でもあります。

しかし当時のフィギアは女子が伊藤みどりさん佐藤有香さんといった選手が活躍した時代でTV放映も女子ばかりでした。男子が活躍してもあまり評価されず、鍵山正和さんの活躍をあまり知らないという人も多いようです。

Sponsored Link

鍵山優真は父・正和の若い頃と似ている?

スケーティングに関しては親子でそっくりだと思います。正和さんの柔らかい膝もスピンも息子さんへ受け継がれていると思います。

顔はどうでしょうか。似ているといえば似てますが、父・正和さんは男前のシュッとしたイケメンという感じなのに対し息子・優真さんは童顔のかわいい感じです。

優真選手も3年ほどしたらお父さんみたいなイケメンになるのでしょうか。

お父さんも息子の活躍が嬉しいでしょうね。

【画像】鍵山優真がかわいい!幼少期からの顔の変化を画像検証!

羽生結弦 引退説を検証!現役を離れる理由や引退後の活動を予想!

羽生結弦が団体戦に出ないのはなぜ?個人戦のため?(北京五輪)

羽生結弦 北京オリンピック棄権?理由はコーチ不在や怪我のため?

羽生結弦 プーさんシャワー禁止の理由と経緯!迷惑?今後どうなる

羽生結弦がプーさんを好きな理由!なぜ部屋いっぱいに?心理を分析

Multiplex広告202204

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link