鎌倉殿・木曽義仲の最期がかわいそう!巴御前との別れや心残りとは?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で青木崇高さん演じる木曽義仲が最期を迎えました。源義経(菅田将暉)に敗れ後白河法皇(西田敏行さん)にも顔を合わせず京を去るという最期がなんだかとても可愛そうに思いました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

鎌倉殿の13人 木曽義仲(青木崇高)の最後が可愛そう!

「鎌倉殿の13人」の木曽義仲が最後を迎えてました。

義仲は青木崇高さんの好演もあり、義に厚く潔い武士の姿を感じました。今回の配役で一番鎌倉武士っぽかったです。

義仲は源氏同士で争うことも理解していたようで彼が生き延びていれば、また違った歴史を見ることが出来たでしょうね。

後白河法皇(西田敏行さん)を捕らえて京に籠もった義仲を源義経(菅田将暉さん)が攻めようとします。

理性的でまっとうな義仲に対して義経は常識や倫理観を逆手にとって勝ち続けます。それにドン引きしながらもついていく坂東武者たちという図式でした。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で上総広常がいよいよ退場を迎えました。なんともかわいそうな最期を迎えましたが、史実ではどうだったの...

義仲はまっとうでいい奴なのに可哀想でした。

先週の上総常広(佐藤浩市さん)に続いてまたひとり。いい人からどんどん消えていきますね。

Sponsored Link

義経に破れ後白河法皇に疎まれて可愛そうな義仲

木曽義仲はは後白河法皇(西田敏行さん)に尽くしても報われませんでしたね。

それに対して「騙し撃ちの何が悪い」という義経は後白河法皇様と気が合ってしまいました。
法皇も策略家でしたね。

平家討伐を源頼朝(大泉洋さん)に任せて自分は領地に戻ることを後白河法皇に挨拶する義仲は哀れでした。

雪の降る冷え切った庭で、怖がって隠れた法皇に向けて真っ直ぐな思いを述べて去る木曽義仲が泣けてきます。

丹後局(鈴木京香さん)に「思えばかわいそうなお人でした」と同情されたのがせめてもの救いでした。

法皇に合わせてくれと言った義仲を追い払っていたのも丹後局でしたけどね。

木曽義仲の最期が可哀想すぎる!巴御前との別れ!心残りとは?

まあ、ちょっと鎌倉殿の13人は駆け足の展開だったように思います。

巴御前との別れも良かったです。

義高への手紙を託して泣く巴御前を送りだす義仲。

戦国モノで定番のシーンで何度も見る場面ですが不器用すぎる二人がカッコよくて感動しました。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で巴御前を演じる秋元才加さん。なぜか眉毛が繋がっているのが気になります。とても凛々しいと思いますが...

義仲の最期は木曽に帰る道中に馬上で何か言おうとしていたら突然額に矢を受けるという壮絶な最後でした。

あっという間にやられてしまった。

急にあんな感じにやられてしまって可哀想でしかないです。

「心残りがあるとするなら・・・」グサッ!

最期なんだから言わしてあげてよ!

きっと息子の義高のことを言いたかったのでしょう。

この後の展開を思うと義高も可哀相なんですが。

三谷幸喜さん、木曾義高が生き延びる世界で描いてくれないですかね。

Sponsored Link

松尾芭蕉が木曽義仲推しで自分の墓を隣に建てさせた

木曽義仲が好きだったからやはりやりきれない気持ちです。

青木崇高さんはいつも最後はいい人役ですよね。

ここまでかわいそうな木曽義仲は初めて見ました。

本編の後の紀行コーナーで義仲寺の話をしていました。

松尾芭蕉が木曽義仲に惚れ込んで、遺言で自分の墓を義仲の墓の隣に建てさせたという話でした。

それを知って義仲も少しは浮かばれた気がしました。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の源義経がバーサーカーと言われて話題になっています。これまでの悲劇のヒーローと違うヤバい感じの義経...

松尾芭蕉さんも何か思うところあったんでしょうね。

Sponsored Link
Multiplex広告202204

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link