木村拓哉の白髪は地毛かカツラ?教場・風間のグレイヘアは本物?

2020年1月にフジテレビで放映された木村拓哉さん主演特別ドラマ「教場」の続編が2021年1月に放映されます。木村拓哉さんが白髪の鬼教官・風間公親を演じて話題になりましたが、あのグレイヘアーはどうやって作ったのでしょうか。

Sponsored Link
スポンサーリンク

ドラマ「教場」木村拓哉の白髪がかっこいいけど地毛?

ドラマ「教場」で木村拓哉さんが白髪になったと聞いたとき、最初は違和感を感じました。顔が若いから無理があるし似合わないかなあって思っていました。しかしとても素敵な白髪姿で評判もよかったようですね。実際にすごく様になっていました。

今まで二枚目でかっこいいイメージでしたが白髪の鬼教官も似合っていると思います。やはり下手に若作りしない方がいいのかもしれないですよね。こういう役をやっていったらいいと思います。教官・風間公親役は木村拓哉さんの迫真の演技も相まってハマり役ですね。警察学校が舞台の教場で白髪のキムタクが画面に映ると緊張感が伝わってきます。

セクシーで僕は好きですよ。特に白髪の道着姿かっこよくないですか?

キムタクって昔はギラギラとして近寄りがたいと思ったんですがいい感じに年をとり渋くなって、さらに白髪が増すとダンディな感じです。

ロン毛の長髪もカッコよかったけどグレイヘアーもカッコいいなあって、「やっぱりキムタクってかっこいいよね」ってあらためて思い知らされた感じでした。

そんな木村拓哉さんも今年48歳(2020年12月)なんですね。冷静に考えると年齢的にこのくらい白髪があっても普通かもしれないです。キムタクが白髪頭役するようになるなんて月日の立つのを感じます。

長髪より白髪交じりの銀髪の方が似合っているように見え、正直キムタクを見て初めていいと思いました(笑)

こういう白髪の似合う年の取り方したいですね。

ところであのロマンスグレーって地毛なんですかね。それともカツラなんでしょうか。

木村拓哉

鬼教官・風間公親のグレイヘアーのモチーフは原作小説

木村拓哉さんはドラマのスタッフやヘアメークと何度も意見しあったうえにあの風間の白髪の風貌を作り上げたそうです。

木村は原作小説「教場2」の書影を参考にしつつ、スタッフと相談を重ねながら風間の白髪を再現した

引用:https://natalie.mu/eiga/

モチーフとしたのは長岡弘樹氏の原作小説「教場2」の書籍の表紙の後姿。ここから風間の白髪を再現したといいます。

教場2

引用:https://www.shogakukan.co.jp/

髪の毛の生えている部分との境目が白髪となっていますが、他の部分は黒髪も混在している状態となっています。ここは黒髪を残し、オールホワイトにしないようにすることによりこの原画に近づけたといいます。

原画は後ろ姿しか見えませんがここから再現しようとしたのはスタッフや木村さんの努力の賜物ですね。

こうして風間のグレイヘアーは再現されましたが、撮影現場に見学に来た一般の人には木村さんだとわからなかったくらい普段と違う姿にみえたといいます。

原作ありの作品となるとビジュアルは大切ですよね。徹底的にこだわって原作通りに再現したスタッフも木村さんもいい仕事してますよね!

Sponsored Link

白髪姿の髪型はどうやって作った?地毛?かつら?

ところであの白髪はどうやって作ったのでしょうか。あの髪型をどうやって表現したのでしょうか。やはりかつらなんでしょうか。

よりリアリティーのある白髪の表現を探るため、髪の毛のブリーチや白髪に染めることなど、いくつもの選択肢を探り、木村自身もすぐにオーダーに対応して臨むほどの気合の入れようだった。

引用:https://www.oricon.co.jp/

ブリーチ白髪染などの方法をいくつか取ったといいますが、実際にヘアメイクしている様子が木村拓哉さんのインスタグラムにありました。

この投稿をInstagramで見る

Takuya Kimura(@takuya.kimura_tak)がシェアした投稿

風間の髪ができるまで毎回45分かかるのだそうです。

風間のグレーヘアーを作るのに木村さんは地毛をブリーチしてシルバーよりの白で髪の毛を染めていたそうです。

なんだか髪の毛が傷んでしまいそうな気がしますが、実際にブリーチすると髪の毛にダメージはそれなりにあるといいます。

自分も実際に頭皮が痒くなったことがありました。

年齢が高いと回復にも時間がかかるそうで、こういう老け込みメイクというのは役者にとってもリスクが高いのではないでしょうか。木村拓哉さんはもちろんそれを承知でやったのであろうと思いますが。

それに実年齢より高い印象を作ってしまうというのは役者としてもあまりやりたくはないであろうことも感じますがあえてやったのはやはり流石だと思います。

キムタクは何やってもキムタクなんてよく言われていますが「教場」はスリルもあってシリアスでとても面白かったです。

木村さんの演技も厳格な鬼教官に見えて、いつものドラマのキムタクではなかったように思いました。

これからの活躍も楽しみしにています。

以上、木村拓哉の白髪は地毛なのかについてでした。

吉川晃司の白髪がカッコいいけど本物?いつからか髪色を画像で検証

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link