長瀬智也の親族が経営のアパレルブランドはチャレンジャー?父親母親についても

TOKIOの長瀬智也さんの親族が経営するアパレルブランドがあるとのことで調査してみると、これではないかというのがありました。

長瀬さんの幼馴染が立ち上げたブランドがあります。

Sponsored Link
スポンサーリンク

長瀬智也さんの親族が経営するアパレルブランドは?

長瀬智也さんは親族が経営するアパレルブランドの手伝いをするといいますが、調べてみるとこんな情報がありました。

こちらのブランドは「CHALLENGER(チャレンジャー)」といいます。

こちらのブランドは日本のプロスケーターの先駆者田口悟氏が立ち上げたストリート系ブランドです。

「アメリカン・ガレージ」自分が好きなものが詰まっている場所、というのがコンセプト。

商品のラインアップは車、バイク、スケボーがテーマ。アパレルを中心に、アクセサリーやサングラスなどが揃っています。

長瀬智也さん愛用のファンションブランドとしても有名で、HPにも「TOKIO長瀬智也愛用の原宿発アメリカンガレージ・スケーターブランド」とあります。

バイク好きには人気のブランドとして知られています。田口さんがデザイナーを努めています。

そういえば長瀬さんもバイク好きで有名ですよね、愛車はハーレーダビットソンだとか。当然こちらのアイテムも着用していて、長瀬さん愛用ブランドとしても知られています。

CHALLENGER(チャレンジャー)は長瀬さんが実質オーナーのファッションブランド?

CHALLENGERのHPによると”長瀬智也さんの母親が取締役に名を連ねているそうです”との情報がありましたが、実質的には長瀬さんがオーナーなのではないかとの記述もあります。

ブランドを立ち上げたプロスケーターの田口悟さんと長瀬さんは子供の頃、家が隣同士で、よく一緒にスケーボーをして遊ぶスケート仲間だったそうです。

出会ったのが長瀬さんが5才、田口さんが8才のとき、親が働いていたので回転寿司を食べに行ってからスケボーで遊ぶという毎日だったそうです。

その後長瀬さんは芸能界へ進み、田口さんはプロスケーターになりますが、長瀬さんが雑誌の企画でスケボーをやることになったとき、偶然そのコーディネートをしたのが田口さんで、再会を果たしたそうです。

長瀬さんの親族が経営するアパレルブランドとはおそらくこのCHALLENGERと見ていいんではないでしょうか。

CHALLENGERの店舗は東京都渋谷区神宮前2−18−7です。

CHALLENGERのHPはこちら

ネットショップはこちらです。

Sponsored Link

長瀬智也さんの母親と父親

長瀬さんの母親の話がでてきましたが、長瀬さんの母親は神奈川郊外の実家でオシャレ系のお好み焼き屋を経営しています。

同じ場所でその前は女性向けの服やアクセサリーの販売をしていたといいます。お好み焼き屋は急にやりたくなって始めたと語っておりチャレンジ精神が旺盛でアグレッシブな人です。

このような人ならアパレルブランドの経営もやっていてもおかしくないですね。若々しく優しいお母さんなんだそうです。

ちなみに長瀬さんの父親は本業のレーサーだったそうです。長瀬さんが車好き、バイク好きなのは父親が影響しているんでしょうね。

長瀬さんが3歳のときに離婚して長瀬さんは姉とともに母親に引き取られます。

長瀬智也さんはおしゃれでかっこいいですね。イケメンでかっこいいばかりでなく色気もあって。同世代の男性ならファッションを意識したこともある人は多いのではないでしょうか。長瀬さんのファッションは他のジャニーズと比べると全然違う感じがします。ジャニーズを退所したらもっとそういう面を見せてくれそうですね。

退所後はどうなるのか、もともとジャニーズらしさがなかった気がするのですが、僕は役者としての長瀬さんがけっこう好きなので、もっとドラマなどみたいです。裏方へなんて話もあるので干されないか心配なんですが。

以上、長瀬智也の親族が経営するアパレルブランドについてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link