青木翔コーチのプロフィール!経歴や結婚、渋野日向子との出会いは

8月に全英女子オープンを制し、日本選手として42年ぶりにメジャー優勝し、快挙を達成した”しぶこ”こと渋野日向子。プロテスト合格1年から一年の快挙です。

帰国後も、デサントレディース東海クラシックは8打差を逆転して劇的な逆転V。

鈴木愛らとの賞金女王争いを演じ、惜しくも賞金女王こそ逃したものの、しぶこフィーバーを巻き起こしました。

この渋野の海外メジャー制覇に導いたのが全英女子オープンではキャディを勤めていた青木翔コーチです。

今日は青木翔コーチについて調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

青木翔コーチの経歴 ゴルフアカデミー設立

青木翔 あおき・しょう

1983年3月28日生まれ
福岡県志免町出身
中村学園三陽高卒業
福岡大学卒業後

2011年 コーチ業をスタート ジュニアゴルファー、プロゴルファー育成開始

2012年 「青木翔ゴルフアカデミー」を神戸に設立 ジュニア育成に力を入れる。

2017年 PING 契約 ジュニアアンバサダー 就任

青木翔さんは大学卒業後ツアープロを目指しプロテストや予選会を受けていましたが自分は選手には向いてないのだと気づいたんだそうです。
練習場ではうまいのに試合なると力を出せない、そのようなメンタル面で悩んだそうです。

改めて自分を見つめ直してツアープロを目指すことを断念し、27歳のころティーチングプロを目指しUSGTF公認ティーチングプロを取得します。

プロを諦める前からレッスンをしていたそうですが、練習より試合のほうが力を発揮するジュニアを目の当たりにしたのも影響しているようです。

「青木翔ゴルフアカデミー」を設立し、ジュニアゴルファーの育成に力を注いでいます。

指導した選手は?渋野日向子との出会いは?

渋野日向子のほかに今まで指導した選手は以下の通りです。

JGTO(日本ゴルフツアー機構)の 岩元洋祐選手、
河合庄司選手、河合亮汰選手、福岡大河選手、日本アマ優勝後プロ入りした亀代順哉選手

LPGA(日本女子プロゴルフ協会) の大出瑞月選手、田辺ひかり選手らがいます。ちなみに大出瑞月選手は渋野の1年で先輩で”しぶこ”の名付け親です。

渋野日向子プロとの出会いは渋野が1度目のプロテストを失敗し、契約メーカーの方から「渋野をどうにかしてやってください」と頼まれたのがきっかけだそうです。

渋野は高校卒業後の2017年にプロテストを受験したが不合格でした。青木翔コーチに指導を受け、翌18年のプロテストで合格しました。青木コーチから見た渋野は最初はグッチャグチャだったと語っています。それはわずか2年足らずでメジャー制覇とは・・・

青木翔さんは’しぶこ’のコーチという印象が強いと思いますが、普段教えているのはジュニアが中心です。今は小学生から大学生まで、十数人指導しているそうです。

一般のアマチュアゴルファーの方からも、レッスンのお問い合わせが届いているようですが、現在は新規の方を受け付けられる状況ではないとのことです。

Sponsored Link

青木翔コーチ 結婚は、家族は?

気になるところですが、青木コーチのTitterに2017年1月に入籍したと、2017年11月に男児が生まれたと画像を投稿しています。

結婚して1児の父親のようです。

やはりプロゴルファーに育てるのでしょうか?

奥様がどのような方までは不明です。

青木コーチは渋野同様いつも笑顔の印象があります。とっても前向きな人なんでしょうね。ツアープロを諦めコーチになった経緯もとても前向きだと思いました。

青木コーチのレッスンのモットーは

ボクも元々はプレーヤーだったんで、選手たちの気持ちがわかるんですよ。頭ではわかっていても、できることとできないことがあるってことを。ボクのレッスンのモットーは「イチ言って10できる選手」を育てることです。だから、あれこれ言わず、まずはひとつのことを徹底的にやって自問自答させる。これが、選手が成長するコーチングだと思ってるんです。

だそうです。

選手の気持ちがわかるというのは大切だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link