M-1グランプリ敗者復活枠の歴代コンビ一覧 ネタと結果・評価も

「M-1グランプリ 2019」の準決勝が行われ12月22日の決勝に進出する9組が決定しました。優勝候補と言われていた和牛が、2年連続で決勝へ進出していたミキが敗退するという番狂わせがありました。

その他有力視されていたコンビが次々と敗退し敗者復活戦が激戦になると言われています。

これまでの歴代の敗者復活枠を勝ち抜いたコンビを見てみたいと思います。

Sponsored Link
スポンサーリンク

M-1グランプリ 歴代敗者復活枠とネタ

第1回(2001年) 敗者復活戦なし

第2回(2002年) スピードワゴン
「ヒーロー戦隊」ネタが審査員・立川談志に下ネタを嫌われ歴代最低評点となる「50点」をつけられ7位に。以降名が知れ渡ります。翌年は勝ち抜きで決勝に進出します。

第3回(2003年) アンタッチャブル
「ファーストフードの店員」ネタを披露。ツッコミが普通じゃないと審査員ラ・サール石井に評価されで最終決戦に勝ち上がります。2本めは「合格発表」ネタ。結果は3位に。この勢いで翌年優勝します。

第4回(2004年) 麒麟
「癒しの空間」と「24時間マラソン」のネタ。最終決戦に進み3位に。田村がネタの終盤で叫んだ「頑張れ俺たち!」というアドリブで笑いました。この年から3年連続で3位になるものの優勝は最後まで果たせませんでした。

第5回(2005年) 千鳥
第3回、第4回 2年連続で決勝にトップ出場し、2年連続最下位だった千鳥は決勝進出が決まったときに「僕たちトップじゃなくてもいいんですね」と叫び会場を沸かせました。ネタは「幕末ごっこ」。審査員のラサール石井からは「ありえない設定から入ってる」と評価されるも結果は6位。

第6回(2006年) ライセンス
ラストイヤー(コンビ結成10年)にして初めて決勝進出を果たしました。当日クリスマスイブだったため渋滞して途中車から自転車に乗り換え会場へ到着しました。「ドラえもんのパロディネタ」ネタで結果は6位。

第7回(2007年) サンドウィッチマン
大会史上初、敗者復活から勝ち上がり優勝を果たします。ネタは「該当アンケート」と「ピザの出前」。現在の活躍が示すとおり実力は本物でした。

第8回(2008年) オードリー
「ズレ漫才」と「選挙に出たい」ネタを披露、ファーストラウンドを1位通過し、2年連続敗者復活からの優勝がという勢いでしたが結果は準優勝。一気に知名度があがり、翌年は優勝したNON STYLEよりテレビに露出していました。

2019年は和牛が準決勝で敗退

第9回(2009年) NON STYLE
前年度優勝者。連覇を目指し出場することを表明して参戦しました。ネタは「ヤンキー」ネタ。ファーストラウンドで3位を獲得、2年連続最終決戦進出を果たしたが、結果は3位でした。

第10回(2010年) パンクブーブー
前年度優勝者。「勘違い漫才」を披露し大竹一樹から「敗者復活を差し引いて、その期待値をさらに超えてくる」と評価されました。2年連続決勝進出。最終決戦では同じパターンのネタでいまいち食いつきが悪く票を得られず最終結果は3位。

第11回(2015年) トレンディエンジェル
5年ぶりに復活したこの大会から敗者復活戦は視聴者投票制になりました。トレンディエンジェルが2007年のサンドイッチマン以来の敗者復活からの優勝を果たします。

第12回(2016年) 和牛
「ドライブデート」ネタ。ファーストラウンド2位で通過し最終決戦は「花火デート」ネタ。結果は準優勝。この年から3年連続準優勝

第13回(2017年)スーパーマラドーナ
2015年、2016年と決勝進出しており、3大会連続で決勝進出を果たす。「コンパ」ネタで4位に。翌年のラストイヤーも含め4大会連続で決勝に進出。

第14回(2018年) ミキ
ネタは「履歴書送っといた」。審査員の上沼恵美子にひいきされるも惜しくも4位。最終決戦に残れませんでした。

Sponsored Link

M-1グランプリ2019 敗者復活戦は激戦?

敗者復活がきっかけで名前が知られるようになった芸人は多いです。

今年の敗者復活枠は一体どのコンビが勝ち上がるのでしょうか。

3年連続準優勝の和牛や、決勝進出経験者のミキ、などに注目が集まっているようです。

他、アインシュタイン、カミナリ、トム・ブラウン、マヂカルラブリーなど実力者がひかえており、今年の敗者復活戦は例年以上に盛り上がるのではないかと言われています。

残り一枠をかけての敗者復活戦は12月22日の決勝当日の午後1時55分から行われます。

楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link