内山信二の性格は?大活躍した子役がどん底から一目ぼれされ結婚へ

子役出身のタレント・内山信二さんがが結婚することがわかりました。

お相手は6歳年下の一般女性の琴さん。

テレビ東京系の番組で、琴さんはMCの草野仁のヘアメークのアシスタントを担当していましたが、番組にゲスト出演した内山さんに一目ぼれし、共通の知人の紹介で交際に発展したとのことです。

琴さんはビヨンセ似で料理上手だとか。

来春、結婚披露宴を行う予定とのことです。

Sponsored Link
スポンサーリンク

内山信二さんのプロフィール

内山 信二(うちやま・しんじ)1981年9月25日、東京生まれ。

38歳(2019年10月現在)

身長174センチ、体重100キロ。

内山 信二さんは子役時代、『あっぱれさんま大先生』に生徒役で出演して人気を博すします。
同番組には7年4か月にわたってレギュラー出演しました。

内山さんの性格ですが、あまり良くないようネット上では言われています。

実際はどうだったのでしょう。

『あっぱれさんま大先生』で大ブレーク 性格に難あり?

元々子役になったのはお父さんが原因でした。

あべ静江の大ファンだった父親が、息子を芸能界に入れてしまえば会える考えて子役デビューさせたそうです。

なかなかぶっ飛んだお父さんですね。

本人はやる気がなかったようですね。

子役によくあるパターンですが周りからチヤホヤされて甘やかされて育ってきたのでしょうか。

見ている分にはそんなに性格が悪そうにはみえませんが。

『あっぱれさんま大先生』に生徒役で出演して人気を博しブレイクします。

一躍人気子役となりました。10歳の時に月収3000万円を超えたそうです。

こともがこんな大金を手にすれば普通の感覚じゃいられないでしょう。

この人気絶頂の頃はスタッフやマネージャーに対する悪戯や非常識な行動を連発します。

その内容は、授業を代わりに受けさせる、ゲームソフト購入の為に並ばせる、などといったものです。まじか・・・

そして14才のときに『あっぱれさんま大先生』を卒業すると仕事が激減しました。

16歳の時には等々収入が無くなり転落人生を歩みます。

今までのツケがまわってきたのか、こうなると性格も荒れてきますね。

同棲していた相手から訴訟を起こされる女性問題も起こしています。

Sponsored Link

どん底から復帰 現在

芸能界の引退も一時期は考えたそうです。

こうなると本人だけでなく周りの大人にも責任があると思いますが・・・

しかしさんまさんからさそいの言葉があり芸能界からの引退を思い留りました。

また太っていたことが幸いし、グルメ番組に出演するなど仕事も少しずつ増えていきました。

一方タレント業のかたわら、訪問介護サービス会社を経営しするというような一面もあります。(2006年から開始、2009年廃業)

今回の結婚は彼女の誕生日に一緒に行ったというタイ旅行でプロポーズしたといいます。

計画的ですね。

一体どんなプロポーズをしたのでしょうか。

交際から2年、琴さんの手料理に内山はハートと胃袋をがっちりとつかまれた、とマスコミは報道しています。

内山さんお幸せに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link