佐藤栞里 子供の頃の画像が可愛い!モデルデビューのきっかけは?

多数の番組に引っ張りだこの佐藤栞里さん。人気の愛されキャラで今やバラエティのMCにも欠かせない存在です。

そんな佐藤栞里さんは今年で芸歴20年目にもなるベテランなのだそうです。

子供の頃からモデル活躍しているという佐藤さんの子供の頃やデビューのきっかけについて調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

佐藤栞里さんのかわいい子供の頃の画像

以前、徹子の部屋にゲスト出演した際に幼少期の写真が紹介されていました。

佐藤栞里さんは生まれは新潟県です。群馬県高崎市へ引っ越し、高崎市内の小学校に通いました。その後また埼玉県上尾市へ引っ越しています。

「大きくなってもグレないでください」というテロップがご両親の愛情を感じさせます。

一人っ子であった佐藤さんは両親の愛情を一身に受けて育ってきました。

こちらは親子3人の写真ですがお父さんも背が高くてスタイルがいいですね。お母さんも美人!

佐藤栞里の家族構成 両親や兄弟、実家は?佐藤二朗と父娘説とは?

佐藤栞里さんは外で遊び回る活発な子だったそうです。一輪車や缶蹴り、竹馬などでよく遊び、運動神経もよかったんだそうです。

性格は引っ込み思案だったそうです。また、小学校の頃からマンガが大好きだったそうです。

また、子供の頃から毎年のようにハワイに家族旅行にいっていたハワイ通だそうです。お父さんがハワイ好きだったんですね。

家族仲は良く、反抗期らしい反抗期もなかったそうです。モデルとなり芸能活動を始めることも賛成してくれたそうです。

モデルデビュー当時 きっかけは「ピチレモン」

佐藤栞里さんは小学校5年生のとき愛読していた雑誌「ピチレモン」のモデルオーディションに応募します。

その頃の画像がこれです。

佐藤栞里さんは幼少期から背が高かったそうです。モデルに応募したとき既に身長が160cmあったといいます。(現在は168㎝)

小学校5年生の夏頃、当時は11歳とか12歳でしょうか。『ピチレモン』というローティーン向けの雑誌が大好きで愛読していたんです。あるとき、モデルオーディションのページを発見し、自分から応募したのがきっかけです。幼稚園の頃から背が大きくて、いつもまわりの子たちを見下ろすばかりで(笑)。それを生かして好きな雑誌に出られたらいいなという想いで応募しました。
https://baycrews.jp/

自分は背が高くモデルに向いているんじゃないかと、小学生なりに考えていたみたいですね。オーディションには自分で応募したそうです。チャレンジ精神が旺盛だったんですね。

佐藤栞里さんは6千人の中からグランプリに選ばれます。以後、同年9月から2006年まで専属モデルとして活動しました。

デビュー当時の佐藤栞里さんです。

「ピチレモン」はローティーン向けファッション誌です。それを愛読していたとは大人びた子供だったんだなあと思ったのですが、「ピチレモン」を読み始めたのは廃品回収の一番上に置いてあったのを読んだのがきっかけで、愛読するようになったそうです。

たまたま、読んだのがきっかけでモデルとなり現在があるとは、人生何が起こるかわかりません。

以後、年代に応じて「PINKY」や「non-no」のモデルへと遍歴を重ね、現在の活躍に繋がっていきます。

Sponsored Link

人気の理由

佐藤栞里さんの子供の頃の写真を見ると両親の愛情をたっぷり受けて育ってきたのがよく伝わってきます。

佐藤さんは愛されキャラとして現在バラエティ番組なので活躍していますが、人気の理由はこのようなご両親の教育が大きく影響しているのではないかと思います。

今芸能界で活躍している人は全てとは言いませんが毒舌だったりダークなキャラクターが多いように思います。そのような中で佐藤さんのような存在は貴重な存在のように思います。

それと佐藤さんは新潟、群馬、埼玉と引っ越しはしましたが、地方で育ってきたのも大きいのではないかと思います。言ってみれば田舎で暮らしてきたというか、そういうのもあるかなと思いました。

自分は田舎者なのでなんかわかります。子供は自然の中で育つのが一番いいと。

佐藤さんにはなんか通じるものを感じます。子供の頃は外を駆け回って遊びました。マンガもよく読みました、ハワイには行きませんでしたが・・・

佐藤さんはこれからも益々活躍していく方でしょう。

佐藤栞里 目が離れすぎだけど可愛いのはなぜ?タレ目が気になる!

佐藤栞里 人気理由はゴリ押しでなくモデルなのに可愛くないから?

以上、佐藤栞里さんの子供の頃やモデルとなったきっかけについてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link