長谷川博己は華がない?麒麟がくるは主人公が地味で影が薄いのがいい!

大河ドラマ「麒麟がくる」が評判ですが、主演の明智光秀役・長谷川博己さんがいまいち地味な気がしています。

イケメンで実力派の役者さんだと思うのですがなぜ地味に感じるのかを考えてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

麒麟がくる・主人公 明智光秀は影が薄い

長谷川さんが地味というよりそもその主人公の光秀が地味ということがまずあると思います。

歴代大河ドラマでも主役になるのは信長や秀吉といった戦国のスーパースターたちでした。演じてきたのも二枚目の主役級の俳優たちでしたが、それに対し光秀を演じてきたのはどちらかというと二枚目ではないクセのある役者たちが多かったです。

それに長谷川さんの光秀は本木雅弘さん演じる斉藤道三や染谷将太さんの織田信長、川口春奈さんの帰蝶らのほうが目立って見えました。主人公の光秀がほとんどでてこない回もあり、前半これといった見せ場も少なかったように思います。光秀は脇役に喰われて影が薄い気がして少し気の毒な気もしました。

やはり明智光秀を主人公にするには地味だったのではないか、光秀で一年持つか心配になりました。

明智光秀は地味なおっさん?

そもそも明智光秀は裏切り者というイメージが浸透していますが、私の光秀のイメージは信長に取り立てられたのも特に派手な武功もなく、幕府と朝廷の間にたち調停したりと管理職のイメージが強いです。おまけに上司の信長に突き上げられ胃が痛い思いをするような・・・中間管理職の地味なおっさんなのです。

こんな地味なところにある意味感情移入してしまいます。

ただ、ここで目立ち過ぎても困ります。光秀が歴史の表舞台煮立つのはこれからです。

堺雅人さん主演の「真田丸」もそうでしたが、前半は父・昌幸が中盤では秀吉、後半では兄・信幸が活躍して主人公・信繁は狂言回しに徹していました。

「麒麟がくる」の明智光秀もそういう立場といえるでしょう。

Sponsored Link

長谷川博己は華がない?

長谷川博己さんは爽やかなイケメンではありますが、主人公顔ではなく脇役の顔のような気がしてしまいます。

しかし、長谷川博己さんは周りに華を持たせる感じがあり、派手さはないですが力みがなく、それでいて存在感があります。地味で華がないようですが妙に癖があり目立たないようでどんな役でもこなせてしまう魅力があります。

良い意味で地味なのです。それは光秀の人生を物語っていて、光秀役には丁度いいような気がします。

また、長谷川さんは品が良くいい人のイメージなので、いい人だから脇役に甘んじているような、そういう役が合う役者であると思います。

地味顔なのに魅力的な役者、それが長谷川博己さんであると思います。

「麒麟がくる」ではこれから光秀が歴史の表舞台に立ち存在感も増してくるでしょう。

光秀が裏切りものなのか、そのイメージを払拭する新たな光秀像を見せてくれるのか楽しみに見しています。

隠れ麒麟はどこ?確認して実際の画像と比較!(麒麟がくるOP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link