石田純一 沖縄の店「J-chan冷麺」評判は?経営はどうなった

石田純一さんがオーナーで、沖縄で経営しているお店を紹介します。

石田さんは2年ほど前に沖縄で冷麺と韓国料理のお店「J-chan冷麺」をオープンしました。

石田さんのお店の場所やメニュー・評判について調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

石田純一の沖縄の店 韓国料理「J-chan冷麺」場所・メニュー

石田純一さんが「J-cnan冷麺」を沖縄にオープンしたのは2017年11月で、なんでも奥さんの理子さんには内緒でオープンしたのだそうです。


場所は那覇市の沖映通りにあるデザイナーズビル「Hachino’s – ハチノス」ビルの1階です。

店内は木の温かみのある内装でテーブル席・カウンター席もありおしゃれで落ち着いた雰囲気です。広々として最大30名様まで貸し切りOKなのだそうです。

冷麺やビビンバ、スン豆腐チゲ、チーズタッカルビやチヂミなど韓国料理のメニューが豊富です。

この店のイチオシなのが「J-CHAN冷麺」(880円)。

店の冠メニューとなるこの冷麺については石田純一さんがプロデュースしたものです。石田さんが何年もかけてソウル、ロサンジェルス、盛岡などの冷麺を食べ歩いて生まれたといいます。

牛スネやテール、野菜を12時間じっくり煮込んで、リンゴ酢や白ワインでフルーティに仕上げた新感覚のスープを凍らせたというこだわりのジュレ。

麺は石田さん自身が製麺所に足を運び、何度も打ち合わせと改良を繰り返し、食材は自分が美味しいと思えるものを出したいという考えで選んだそうです。

この冷麺だけでなく、コースメニューやお得なランチメニューなど、豊富な韓国メニューがあります。この他にも

  • ランチメニュー 冷麺焼肉セット(麺・豚焼肉・ごはん・サラダ・ナムル) 880円
  • コースメニュー 2時間半飲み放題OK&選べるメイン等お料理7品コース 3,500円
  • UFOチキン16ピース入り 2,580円

・・・などなど、他にも豊富なメニューがあります。お店の公式ページか、食べログなどでご確認ください。

Sponsored Link

J-chan冷麺

住所:沖縄県那覇市牧志2-17-46 ハチノスビル1F
アクセス:ゆいレール美栄橋駅より徒歩3分
営業時間 11:00~16:00(L.O.15:00) / 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:年中無休
電話:098-943-8012

石田純一の沖縄の店「J-chan冷麺」の評判


この他に

「もちもちでコシのある麺が美味しかった」

「入りやすくて美味い」

「芸能人の店は高くなりがちですが破格の価格」

など。

食べログの口コミにも

「メニューも豊富でコスパも悪くない」

「独特な麺です!気に入りました」

「さっぱり食べられる美味しい冷麺」

などの声がありました。

リーズナブルで味の方も評判といった印象です。

Sponsored Link

「有吉ゼミ 芸能人の心配な店」で紹介

この店は2018年5月14日放送の「有吉ゼミ」で紹介されています。芸能人の心配な店というコーナーでその時は専門家から審査されて辛口の診断をされていました。

このお店が1年以内に潰れる確率はなんと90%!

テーブルが大きく席数が少なく、客同志で会話がしづらい、単価が安すぎるなどのマイナス要因からの評価でした。

現在2年以上続いていますが、お店に方は変わらす営業されています。指摘を受けたテーブルやレイアウトを変更したということもないようです。

返ってそれが気になって逆にお客さんがくるようになったんでしょうかね?

口コミでもリーズナブルな値段との評価ですから価格の変更もそんなにないようです。

ところで「J-chan」というのは純一の「J」のこと?「Jチャン」ってことでいいんでしょうか?

石田純一さんは打ち合わせで沖縄へ行ったりきたりです。この「J-chan」ブランドのフランチャイズ展開を計画しているようです。

うちの近所にも最近韓国料理のFC店がオープンしました。カルビ丼が500円台から食べられるという店です。通勤途中にあるのでよく利用しています。回転も早く、値段の割にはおいしいです。もう少し豊富にメニューがあれば・・・というのがちょっと不満です。

この店がオープンする前は某有名牛丼チェーンでした。この業界、生き残りが激しいようですね。

以上、石田純一さんがオーナーの沖縄の店「J-chan」についてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link