安倍総理の愛犬ロイ 犬種や年齢を調査!飼い犬を巡り嫁姑の争い?

安倍総理が星野源さんとの動画コラボ投稿で、ご自宅のソファーで愛犬を抱いて登場していました。総理の自宅でくつろぐ姿が垣間見えましたが、このワンちゃんは安倍総理が昭恵夫人とともに長年大変可愛がっている愛犬だそうです。

安倍首相の愛犬について調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

安倍総理の愛犬のロイ君 犬種や年齢

こちらが星野源さんとのコラボ動画投稿ですが

安倍総理が抱いている愛犬の名前は「ロイ君」といいます。

犬種はミニチュアダックスフンド ブラックタンの男の子です。

年齢はなんと17歳!

ミニチュアダックスフンドの寿命は12歳から16歳といわれます。17歳というと人間で言うと84歳に当たる高齢犬です。

2006年の第一次安倍晋三内閣発足の時にすでに飼っていた情報がありましたので少なくとも14〜5年以上、幼犬の頃から飼っているものと思います。

総理も若いですね

安倍総理が家でロイちゃんと接しているときはこんな感じです。

安倍昭恵夫人のインスタグラムより

View this post on Instagram

ロイ、ただいま~!

A post shared by 安倍昭恵 (@akieabe) on

安倍総理もとてもくつろいでいる様子で、ほっこりしてきますね。安倍総理も昭恵夫人もロイ君をとても可愛がっているのが伝わってきます。

飼い始めたきっかけは昭恵夫人 飼い犬を巡り嫁姑の争い?

このミニチュアダックスのロイ君は元々は安倍昭恵夫人がもらってきたものでした。

(愛犬・ロイは)もともとは昭恵さんがよそからもらってきたワンちゃんなのですが、昭恵さんも活発にあちこちを飛び回っていて、年中留守にしておりますから、ほとんど3階に来ています

https://www.news-postseven.com/

このように語っているのは姑の洋子さん。安倍総理のお母様です。

洋子さんは年中留守にする昭恵夫人の代わりにロイ君の面倒を見ていたそうです。そのため自分になついてしまい、昭恵夫人は「お義母さんにロイ君を取られた」とよく愚痴っていたんだそうです。

昭恵夫人の気持ちはなんとなくわかります・・・

安倍総理の母・洋子さんは安倍晋太郎氏の妻であり、その父親は岸信介元首相。そのような政治家一族を見守ってきた政界のゴッドマザーと言われる人物にロイ君は面倒を見てもらっていたのですね。

Sponsored Link

ロイ君と命名した理由は?

安倍総理が犬を飼っていたのは意外でした。

そういえば安倍総理は犬を巡りこんな外交?もしていました。

ザギトワの秋田犬マサルの現在が気になる!そろって来日はいつ?!

こちらも気になりますが・・・

ところで「ロイ」という名前は何処からつけたのでしょうか?

命名の理由はわかりませんでした。

僕はてっきりロイ・ロジャーズ(1950年代頃に活躍したアメリカの映画スター)から取ったんじゃないかなあと思ったのですがどうでしょうか?いくらなんでも古すぎるか?

安倍総理にいつか教えてほしいです。

以上、安倍総理の愛犬ロイくんについてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link