森川夕貴アナ ミス富士山(25代)の画像が可愛い!歴代トップ?

「報道ステーション」などで活躍のテレビ朝日の森川夕貴アナウンサーは学生時代にミス富士山グランプリに選ばれて、地元静岡で観光大使をしていたそうです。

森川夕貴アナウンサーのミス富士山グランプリのことや学生時代のことについて調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

森川夕貴アナ 英語が堪能で大学時代ミス富士山グランプリに

テレビ朝日のアナウンサーとして活躍する森川夕貴さん。

森川夕貴さんは静岡県富士宮市出身です。上智大学2年生の19歳のとき、2013年6月29日に開催された『ミス富士山コンテスト』に出場し、第25代ミス富士山グランプリに選出されました。

ミス富士山コンテストとは静岡県富士宮市観光境界が主催する「富士宮市の顔」として活躍をする女性を選ぶコンテストです。平成元年より毎年1回行なわれており、ミス富士山に選ばれると1年間、同市の観光をPRする役割を担います。

ミス富士山の出場資格は以下の通りです。

  • 18歳以上の未婚女性
  • 富士宮市、富士市に在住または富士宮市に勤務している人
  • 1年間行事やイベントに参加できる人

2013年といえば富士山が世界遺産に登録された記念すべき年ですね。

38人の応募者から38人の応募者から12人が公開審査に進出、その中から森川夕貴アナは見事グランプリに選ばれました。

(左)ミス富士山グランプリ 森川夕貴さん
(右)ミス富士山 神戸麻衣さん

現在と比べると顔がちょっとふっくらとした感じですね。

ミス富士山は容姿のみを競うというわけではなく、教養や明るさなど、幅広い面から総合的に見て「富士山」のあるまち富士宮市にふさわしい「明るくほがらかで健康的な女性」をミス富士山に選ぶそうです。

森川夕貴アナは高校時代に1年間アメリカ留学した経験もあり英語は堪能!英語検定準1級です。

得意の英語で富士山の魅力を世界に広めたいとアピールして見事グランプリに輝きました。

こうして見ると歴代の中でもずば抜けているように見えます・

森川夕貴アナには当時から座右の銘としている言葉があり、ゲーテ「常に現在の時間にしっかりしがみつけ。刻一刻過ぎて行く時間には、無限の価値がある。」という言葉なのだそうです。

若い頃から立派な考えですね、僕にはよくわかりませんが・・・

なお、当時は個別指導・学習塾でお馴染みの「スクールIE」小泉校(富士宮市)で講師をしていたそうです。担当科目は国語だったそうです。

Sponsored Link

富士宮市観光大使として活躍、TV出演も!アナウンサーになったきっかけは?

グランプリ決定後、1年間「富士宮市の顔」として活躍、富士宮市や観光協会の主催する行事等に参加したり、静岡のローカル放送に出演し、PR活動などを行います。

母校である桐陽高校の富士山ボランティア清掃のリポートも行っています。

2014年3月25日放送のテレビ東京「そうだ旅(どっか)に行こう。 春爛漫!仲良しご機嫌旅SP」にも出演しています。

TKO木下親子とアンガールズ田中親子の仲良し親孝行旅をミス富士山として案内しています。白糸の滝などをオススメ観光スポットとして紹介しました。

この放送の中で「1回富士山に登らされたので・・・」とミス富士山としてはあってはならぬ失言を(笑)

なお、「好みのタイプは?」との質問に「真面目な方がいいです」と発言をしています。

観光大使をしていた頃のことについてブログに書かれていました。

今日は、私がテレビ局で働くきっかけとなった一人、
本間アナに卓上カレンダーの撮影をしてもらいました!

人生初めてお会いしたアナウンサーが本間アナ。
大学2年生の時だったと思います。
当時、本間アナが司会をしていた
【題名のない音楽会】で少し一緒にお仕事をさせてもらったのです。

初めて見るテレビの世界に、ただただ唖然。
なんて多くの人が関わっているんだ!
なんて本間アナはキラキラしているんだ!
なんて佐渡裕さん(当時の司会者)は、かっこいいんだ!
すべてが新鮮だったのを覚えています。

また、
プロトランペット奏者のエリック・ミヤシロさんの生演奏を聴けてこれまた大興奮で。
私のトランペットケースにサインまでしていただいて
感動しっぱなしの一日でした。
この頃は自分がテレビ局で働くなんて1ミリも、
いや0.001ミリも想像していませんでした。

https://www.tv-asahi.co.jp/reading/hst-blog/

森川夕貴アナがアナウンサーになるきっかけは同テレビ朝日の本間 智恵アナウンサーだったんですね。

この記事は2013年9月1日(日)放送の「題名のない音楽会」収録のことですが、これは富士山が世界遺産に認定されたことを祝し豪華なアーティストが集結して行なわれた「富士山河口湖音楽祭」のことです。トランペッターのエリック・ミヤシロさんとジャズピアニストの松永貴志さんも出演しています。

松崎しげるさんのリードボーカルで懐かしの「ドリフの早口ことば」に乗せて「早口ことば~富士山編」を演奏。ミス富士山グランプリの森川夕貴アナも一緒に早口言葉に挑戦したそうです。

Sponsored Link

毎日美女大学コンテストにエントリー

森川夕貴さんが大学3年のときに毎日美女大学コンテストにエントリーしています。

「毎日美女大学コンテスト」とは、関東・関西の有名40大学対抗のリアルタイムランキングコンテンツで、各大学からエントリーしている女子大生の写真が毎日アップされ、お気に入りの写真に投票することができるというコンテンツです。

現在このコンテンツは終了してしまっているのでランキングについては不明ですが、きっと上位にランキングされていたことでしょう。美人ですもの!

感想

ということで森川夕貴アナのミス富士山や学生時代についてでした。

ミス富士山時代に番組出演の中で「1回富士山に登らされたので・・・」という発言が、ちょっとツボでした。

富士山は僕も何年も前に登ったことがあったのですが、あのときは7合目?当たりで高山病で登頂を断念してしまいました。富士山登頂は過酷!なんですよ。

もう一つ、ミス富士山時代の「題名のない音楽会」でのドリフの早口言葉に乗せての「早口言葉 富士山編」ってのが気になりますね、何処かに映像とか残っていないでしょうかね。

志村けん ギャグ一覧!ドリフターズ・全員集合時代の持ちネタ!!

「報道ステーション」を始めこれからのますますの活躍を期待しています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link