小室圭 不合格に対する海外の反応!各国メディアの報道を調査!

小室圭さんが米ニューヨーク州の司法試験で不合格となったことが明らかになりました。合格すること間違いないと言われていただけに日本では大きな話題となっています。海外メディアはどう伝えているのか調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

小室圭 司法試験不合格に対する海外の反応 各国メディア報道

中国の反応

中国メディア「網易」で小室圭さんの司法試験不合格が報道されていました。

小室さんが米ニューヨーク州の司法試験で不合格だったことで今後の生活が注目を集める中、中国メディア「網易」は2人の将来を展望した。

「日本の眞子内親王は、あらゆる困難を乗り越え、持参金を諦め、婚約者の小室圭と結婚した。結婚後は米国で民間生活を送る。〝間違った家族〟との結婚が良い結末を迎えることは難しく、しばしば失敗することがある」と指摘。

引用:東スポ

「網易」では一般人と結婚後に離婚したタイのウボンラチャタニ姫を例に挙げて、結婚が失敗して眞子さんが独身に戻ったとしても眞子さんには王族としての知名度の高さがあり、セレブ生活が保障されているとしているという内容を報道しています。

セレブ生活なのかというのかはわかりませんが知名度を利用するってこともあるのか、こんごどうなるんでしょうかね。

Sponsored Link

韓国の反応

韓国メディア「wowkorea」の報道では「日本の“元内親王の夫”が弁護士試験に不合格」というタイトルで小室圭さんの不合格が報道されています。

徳仁天皇の姪である小室眞子さんの大学時代の同窓生であり一般人の同い年の夫・小室圭さん(30)が米国ニューヨーク州の弁護士試験で不合格となった。無難に合格するという日本のマスコミの期待とは違う結果だ。現在、ニューヨークにある法律事務所で法務助手として働く小室さんとしては、来年2月にある試験に再び挑戦する計画だ。

引用:wowkorea

小室圭さんが弁護士になるためにアメリカに留学した熱心な学生だったこと、小室圭さんが合格すると予想されていたことも紹介されたうえ、不合格になったためにニューヨークの新婚生活や法律事務所の勤務が難しくなってきたと報道していました。

台湾の反応

台湾でも「自由時報」をはじめ複数のメディアで報道されていました。

自由時報

残念!」という見出しが入っていますが、台湾では無念な思いで報道されていたようです。

小室圭さんの試験再チャレンジに対しても応援する声も多いようですね。

Sponsored Link

小室圭 不合格 海外の反応まとめ

小室圭さんが司法試験に不合格の可能性があるとの情報があったのは日本では10月29日の夜でした。合格者の名簿に小室さんの名前がなかったことから。小室さんが勤務するニューヨークの法律事務所に問い合あわせても「提供できる情報はありません」との回答でした。

その後海外メディアで小室圭の不合格が報道されたという話は上記の中国や韓国、台湾のメディアくらいしか確認出来ていませんが、やはり注目は大きいようですね。

海外では日本とは違った見られ方もまたあるかもしれませんが、他国の様子もわかり次第お伝えしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link