【動画】ゼレンスキー大統領のコメディアン時代の芸やネタが衝撃的!

ウクライナのゼレンスキー大統領は元コメディアンでした。そう知って驚いた人も多いでしょう。コメディアン時代にやっていたネタもインパクトがあって衝撃的でした。実に芸達者であったゼレンスキー大統領のコメディアン時代の芸を紹介します。

Sponsored Link
スポンサーリンク

ゼレンスキー大統領は昔コメディ芸人だった

ウクライナのゼレンスキー大統領はなかなかのイケメンですね。

これで昔はコメディアンをやっていたといいます。

大統領になる前はウクライナの番組でコメディ劇団「第95街区」を結成して芸人として活躍していました。一国の大統領がお笑いの芸人だったとは以外な経歴ですね。

どんな芸やネタをやっていんでしょうね。

Sponsored Link

【動画】ゼレンスキー大統領のコメディアン時代の芸やネタ

局部でピアノを演奏

向かって左側がゼレンスキー大統領です。

こちらはズボンを脱いで局部でピアノを弾くというなんとも下品なネタなんですが、腹がよじれるほど笑ってしまいました。

なんとなくドリフターズのコントを思い出してしましましたがゼレンスキーさんは日本でいうところの志村けんさんポジションなんでしょうか。

志村けん ギャグ一覧!ドリフターズ・全員集合時代の持ちネタ!!

これをやってしまうとは生半可なスキャンダルがない限り失脚しないでしょうねw

全裸でギター

全裸でギターを奏でるゼレンスキー大統領。

裸芸する人って日本以外にもいたんですね。海外でも受けるんですね。しかも大統領になる人が。

なんかこれ見ているとアキラ100%さんやとにかく明るい安村さんが日本の首相になってしまいそうな、そんな気がしました。

ダンスが上手い

ゼレンスキーさんはダンスも上手いみたいですね。

2006年にはウクライナの社交ダンスの大会「Dancing with the Stars」にも優勝しています。

ほんと芸達者な人ですね。

他にも芸人として色々と活躍しています。

演奏とか楽器を使った音楽ネタが得意みたいですね。

Sponsored Link

ゼレンスキー大統領の経歴 芸人から大統領になるまで

ゼレンスキーさんはキエフ国立経済大学のクルィヴィーイ・リーフ校で法学を専攻していましたがその傍らで芸人としての活動もしていました。

ロシアのバラエティー番組にアマチュア芸人として出演していましたが1997年にコメディ劇団「第95街区」を結成して大学卒業後もコメディアンとして活躍します。

また、脚本や番組制作なども手掛けていました。

ウクライナでは知らない人はいないほどの人気コメディアンだったそうです。

2015年にドラマ「国民の僕」に俳優として教師から大統領になるという役を演じ国民的人気にとなり2019年に当時41歳の若さでの圧倒的得票率を獲得して本物の大統領に就任しました。

まさに映画のような人生ですね。

ゼレンスキー大統領の芸をみていると何にでもバカみたいに一生懸命になれる人なんだろうなって思いました。

【画像】プーチン大統領の若い頃がイケメン!デスラーに似てる!

Multiplex広告202204

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link