オリンピックの中止・延期 過去の例!開催地や休止の理由を調査!

2020年夏開催の東京オリンピックまであと4ヶ月ほどとなりました。しかし、ここにきて東京五輪を延期・中止するという話が出てきています。

今年の東京五輪は第32回大会となりますが、過去にオリンピックが中止・延期になった例とその理由についてを調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

オリンピック中止・延期 過去の例 開催地と理由

近代オリンピックが始まったのは1896年のアテネ大会からです。以降4年に1度に行われ、1924年からは冬季大会も始まりました。冬季大会は夏季大会と同じ年におこなわれていましたが1994年からは2年ずらして行われるようになりました。

1916年 第6回大会 ベルリンオリンピック

ドイツのベルリンで開催予定でしたが1914年に第一次大戦が始まり、ヨーロッパ全体が戦果に包まれベルリンでの開催は不可能になりました。

なお、20年後の1936年にアドルフ・ヒトラーが率いるナチス党の元、ベルリンで行われました。

1940年 夏季 第12回大会 東京オリンピック

1940年東京オリンピック開催は1936年の国際オリンピック委員会で決定していました。
史上初の欧米以外の国家であり、アジアで行われる五輪大会として準備が進められていました。

しかし、1937年に日中戦争が勃発し、物資不足を懸念する軍部からの反対で1938年に日本は開催権を返上しました。

招致で次点であったヘルシンキ(フィンランド)で予定されましたが1941年第二次世界大戦の勃発により中止となりました。

1940年 冬季 第5回大会 札幌オリンピック

1940年札幌オリンピックも東京オリンピックと同様に開催権を返上します。オリンピック委員会はサンモリッツ(スイス)さらにはガルミッシュ=パルテンキルヒェン(ドイツ)を指名しましたが第二次世界大戦のため中止となりました。

1944年 夏季 第13回大会 ロンドンオリンピック

イギリス・ロンドンで行われる予定であったロンドンオリンピックは第二次大戦で中止となりました。なお繰越により4年後の1948年に行なわれました。
ロンドンは1908年と2012年にもオリンピックが行われており開催は現在のところ実質最多となっています。

1944年 冬季 第5回大会 コルティーナ・ダンペッツォ大会

イタリアのコルティーナ・ダンペッツォで行われる予定でしたがこちらも第二次世界大戦により中止となっています。12年後の1956年にコルティーナ・ダンペッツォでの冬季オリンピック開催が実現しました。

Sponsored Link

オリンピックが中止になった理由について

ということで夏季冬季含めると5大会、年でいうと1916年、1941年、1944年にオリンピックが中止となった例がありました。

いずれも中止になった理由は戦争によるものです。

しかも、1940年日本で東京オリンピックが中止になっている過去があります。これはなにかの因縁のようなものを感じてしまいます。札幌オリンピックも含めると5大会中2回です。

1940年に日本でオリンピックを開催予定であったこと知らなかった人も多いかも知れません。

2020年の東京オリンピックが今回中止となれば76年振りのこととなります。ここまで来て中止?と思う人も多いと思います。僕もなんてこった・・・って感じです。

もしそうなったとしたらこれまで頑張ってきた選手の皆さんはどんな気持ちになるのでしょうか。選手の皆さんも気が気ではないと思います。

過去の例で見るとベルリンやロンドンのように中止になっても何年後かに実現している例が多いです。ロンドンは繰越なので延期と言ってもいいかもしれません。仮に中止・延期となったとしても数年後に行われる可能性が充分ありそうですね。

1964年の東京オリンピックの頃は僕はまだ生まれていませんでした。子供の頃ロサンジェルスオリンピックを見た時は華やかでインパクトがありました。リアルタイムで東京オリンピックを見た人たちはもっと興奮したことと思いますが、今回の東京オリンピックでも今の子どもたちが同じように感じてくれることを期待していました。

本当に中止・延期になるのでしょうか?

以上、オリンピック中止・延期の過去の例についてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link