SHELLY離婚の原因や理由 ディレクターの夫とのすれ違いか?

タレントのSHELLYさんが離婚したことが報道されました。

時間をかけて何度も話し合いを行い、お互いが納得した上で今月離婚が成立したといいます。

SHELLYさんはテレビ番組のディレクターの男性と仕事を通じて出会い2014年に結婚しました。結婚生活は5年10か月とのことです。

二人の間には3才と1才になる娘さんがいますが、親権はSHELLYさんが持つとのことです。

Sponsored Link
スポンサーリンク

すれ違いや生活のズレが原因が?番組で報告

SHELLYさん日本テレビ「今夜くらべてみました」で離婚について報告しています。

「コレっていうきっかけがあったわけじゃないんですけど、忙しく日々生活している中で、結果的に夫から言われて『え~』という感じだったんですけど」

と、離婚については旦那さんの方から切り出されたそうです。

関係が良くなかったようですが、話し合いを重ねて、旦那さんの言うことに理解を示し、もっといい形があるのかもしれないと考えるようになりとりあえず別居することにしたそうです。

別居はスムーズに進み、別居したら二人の関係も良くなったようで、生活のズレや子供のことなど気を使いあっていたのが気が楽になったと語っていました。

子供たちにも理解させるために“お父さんのおうち、お母さんのおうち”のような絵本などを読み聞かせて言い聞かせたそうです。

親権はShellyさんが持つとのことですが、子供たちもお父さんのおうちに行くことを楽しみにしているとのことです。

「お騒がせして申し訳ありません。家族とSHELLYは凄くハッピーなので、ご心配なく!」

このようにも言っていますので旦那さんや子供たちとの関係も良好のようで、別居生活を経ての円満離婚のようです。

SHELLYさんの旦那さんについて 夫の癖が理由?

旦那さんは相田貴史さんという極東電視台所属のディレクターです。「行列のできる法律相談所」、「しゃべくり007」などの人気番組を担当しています。

某番組でSHELLYさんの夫と紹介されたこともあります。

この旦那さんは潔癖な部分があるそうで、洋服は決まった洗剤で洗わないと怒ったり、家具もかなりこだわりがあるとか。またシェリーさんが作った食事を、忙しくて帰ってこれないため冷凍にすると絶対に食べないとか・・。

このことついてはSHELLYさんは語っていないのでこれが理由とは一概にはいえないでしょう。

とにかくタレントとテレビディレクターですからお互い超多忙でしょうね。

お互いを知るテレビ関係者の証言ではSHELLYさんが番組で語った通り、お互いに多忙ですれ違いや生活のズレが生じていったのではないか、互いに気を使う部分もあったようですが話し合いで別々の道を歩むことが最良の選択という結論に至った、と語っております。

お互い多忙なためのすれ違いが原因のようです。

Sponsored Link

絵本で離婚を説明?

SHELLYさんが子供たちに言い聞かせるために読み聞かせた「“お父さんのおうち、お母さんのおうち”のような絵本」っていうのが気になりました。

ネットで見つけたと言っていましたが子供にお父さんとお母さんの離婚について説明する絵本てことでしょうか?

「離婚」「絵本」で検索すると色々出てきます。

「子どもに離婚について伝える絵本」というジャンルがあるようです。最近は色々な書籍があるのですね。外国の著書が多いようです。

子供に離婚を伝える、理解させるってとても難しいことだと思います。

3才と1才の娘さんに理解しえもらえたのか気になります。

SHELLYさん夫婦は円満そうに見えていたのでちょっと意外だった気もします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link