森秋彩 (クライミング)の高校や経歴は?筋肉が凄いけど可愛い!

クライミングが注目を注目を集めています。

クライミング界でもさまざまな選手が登場し活躍していますが、天才少女と話題となっている森秋彩選手について紹介したいと思います。

現在高校生ですが戦績がすごいです。

Sponsored Link
スポンサーリンク

森秋彩選手のプロフィール・経歴 現在高校生

森秋彩(もりあい)
2003年9月17日生(16才)
出身 神奈川県
身長154cm
中学 つくば市立手代木中 卒業
高校 つくば開成高等学校

現在高校1年生です。

森秋彩さんがクライミングを始めたのは小学校1年生からだそうです。

近くのジムに通っていた父親の森正夫さんの影響だそうです。

正夫さんがクライミングジムに出かけるたびに行きたいとねだり、いっしょに行くようになったそうです。

秋彩は何度もジムに通ううちにすっかりクライミングにハマってしまったそうです。

森秋彩選手の戦績

小学生の低学年のころから競技にも参加していたそうです。なんとイタリアのコンペにも参加してボルダリング、トップロープ、スピードの全種目を制覇したそうです。

ジュニアオリンピックカップなどで連覇をするなどジュニアの頃から多くの優勝をしています。

2016年、第30回 リード・ジャパンカップ12才で優勝
2017年のアジアユース選手権、世界ユース選手権、2018年の日本選手権で優勝。

2019からは世界大会にも出場しています。
8月に開催された世界選手権でリード種目で3位で銅メダルを獲得。日本選手史上最年少で表彰台に立ちます。

国内でも第一人者の野口啓代選手と肩を並べるほどと言ってもいいでしょう。

森秋彩選手はオリンピックなんて自分にはまだまだと考えていたそうですが世界選手権に出場してからは、手応えを得て考えが変わったそうです。

Sponsored Link

筋肉がすごい トレーニングは?

さすがにクライミング選手だけに森秋彩選手は凄い筋肉です。

どんなトレーニングをしているのでしょうか。

本来は体の軽さを生かしてスイスイと登るスタイルでした。

しかし、世界で戦うためにはパワーも必要だと悟ります。

もともと小食だったそうなのですが食べる量を増やしていったそうです。

増量した上で懸垂や腕立て伏せ、スクワットや、ジャンプなどの燃焼系のトレーニングをして鍛えたそうです。

僕もボルダリングというものを少し経験したことがあるのでわかるのですが、あれはものすごく筋肉を使うスポーツです。

自分の全体重が腕に掛かってきてそれを長時間続けるので相当な筋力が必要です。

終わったあとは筋肉痛がやばかったですw

それにしても森秋彩選手は可愛らしいですね。それ以上に実力も相当なものです。

今後ますます注目されるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link