清原和博の息子の現在!(2020)野球を辞めて慶応退学はガセ?

今年の6月に執行猶予が満了したという清原和博さん。

清原さんの苦悩の日々の支えになったのが息子さんの存在であったといいます。

清原さんの2人の息子の現在について話したいと思います。

Sponsored Link
スポンサーリンク

清原和博の2人の息子 慶応退学はガセ

清原和博さんには2人の息子さんがいます。

長男は正吾くんといい2002年8月生まれで現在は18才、高校3年。
次男、勝児くんは2005年5月生まれで現在は15才、中3です。

母でモデルの亜希さんは2014年に清原さんの疑惑が報じられると2人の息子を連れて家を出ます。その後離婚、親権は亜希さんに渡ります。清原さんは子供との接見は禁止となりました。

長男、次男とも慶応幼稚舎に入学しました。慶応と言えばエスカレーター式に進学できる超名門です。

2016年清原さんは逮捕されます。

父親が逮捕後に慶応を転校した、退学した、という噂が流れましたが、現在もそのまま慶応に通っています。転校や退学は全くのガセでした。

長男はアメフト、次男はシニアリーグで野球を

長男の正吾くんは父に憧れ野球を一生懸命やっていました。しかし野球は中学で辞めて高校でアメフトに転向しました。やはり清原さんの逮捕が影響があったように思われます。

現在は慶應義塾高校アメフト部に所属しています。

「慶應義塾高等学校アメリカンフットボール部UNICORNSのROSTER 2019」によると
背番号は87、ポジションはTEとなっております。

TE(タイトエンド)とは、アメフトではオフェンスポジションになり、屈強な体力が必要となる重要なポジションです。体格は清原さんよりも大きいといいます。(清原さんが身長188cm)

次男の勝児くんは現在も野球を続けています。慶應義塾中等部に通っていますが中学の部活ではなく、クラブチームに所属して野球をしています。

名門・世田谷西リトルシニア所属しており4番でショート、右投げ右打ちです。

清原さんの野球センスを受け継いだ将来を有望される選手といわれており、ジュニアリーグでは屈指の強さを誇る少年野球チーム「オール麻布」に所属、小6のときには「NPB12球団ジュニアトーナメント」にジャイアンツジュニアの4番として出場して話題となりました。

父親の遺伝子を受け継いだんでしょうね、将来が楽しみな選手です。

Sponsored Link

息子のメッセージTシャツで号泣

清原さんは、離婚後は息子との接見は禁止とされました。弁護士が持ってくる写真だけでしか、息子の姿をみられなかったそうです。なんか切ないですよね。

それが次男から父にバッティングを教わりたいとの申し出で、昨年6月に親子で対面できました。良かったですね。清原さんも次男の才能を非常に評価しているみたいです。

昨年末の野球イベントで息子からのメッセージの入ったTシャツを渡されたときは号泣していました。

そのメッセージというのが

「まだまだ若々しく元気でいろよ 絶対負けんな」正吾より

「いつもバッティングを教えてくれてありがとう これからも元気でいてね」勝児より

これは泣けてきます!!

清原さんは涙もろいイメージがあります。

もう、30年以上前になりますが、確か清原さんが西武に入団した年の日本シリースで優勝間近のところで泣いていたし、2008年の引退セレモニーのときも長渕剛さんが歌っていた横で泣いていたのをよく覚えています。

だからなんでしょうか、なんか応援したくなるんですよね。現在の清原さんを応援する人は多いようですね。正直番長と言われてからはずっと怖い人のイメージしかなかったのですが、本当は純粋な人なんでしょうね。

息子さんたちのこれからの活躍も楽しみです。

以上、清原和博さんの息子の現在についてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link