鎌倉殿の13人のトウは誰の子?善児の弟子の正体は将来実在の人物?

鎌倉殿の13人に登場した善児の仕事を目撃した少女トウですが、何者で将来は誰になるのでしょうか。孤児で善児に育てられるようですが弟子になるという話もあり、また実在していた可能性もあるようです。(注意:ネタバレもあります)

Sponsored Link
スポンサーリンク

鎌倉殿の13人のトウを演じるのは山本千尋

鎌倉殿の13人でトウを演じる山本千尋さんは大河ドラマキャストは初めてだそうです。

山本さんは幼い頃から中国武術を習っており、世界大会でも優勝している実績を持っています。

テレ朝のドラマ「未来への10カウント」ではボクシングシーンを演じていましたが、ボクシングライセンスを持っているそうです。

また2022年7月公開の映画「キングダム2」では羌象役で出演します。

これはアクションシーンがかなり期待できますね。

山本千尋さんは「静かな覚悟を抱きながらも志を受け継ぎ・・」とコメントしておりますが、志を受け継ぐとは誰から受け継ぐのでしょうか。

やはり育ての親になる善児のことでトウもアサシンになるのでしょうか。

善児と同じく汚れ仕事を請け負い、養父・善児の後継者の後継者になのでしょうか。

山本千尋さんはアクションできるから相当強いアサシンになりそうですね。

ジャンレノのレオンを思い出しました。

Sponsored Link

鎌倉殿の13人のトウは誰の子?両親は?

「鎌倉殿の13人」のトウは幽閉された範頼(迫田孝也さん)を善児(梶原善さん)が討ちにきた際に巻き添えになった修善寺の村人・五藤太夫婦の娘です。

目の前で父親と母親が善児の手にかかります。

子役を演じたのは高橋愛莉さん

成長したトウを誰が演じるのかは出演者発表で山本千尋さんと明かされました。

それによると「善児に育てられた孤児」というのが驚きました。

何がどう間違って善児が育てるようになるのでしょう。また、あのアサシン善児に子育てできるのでしょうか。

【鎌倉殿】善児は実在した?モデルになった人物は?(ネタバレ注意)

トウが一体何者になるのか、気になりますね。

鎌倉殿の13人のトウは実在した?その正体は?

トウは善児に育てられた孤児なので善児と同様に史実には実在しない架空の人物で大河オリジナルキャラクターになると思われますが、将来は歴史上の人物の誰かになる可能性も考えられます。

トウは孤児ですが、実はその正体は誰かの忘れ形見だったということもあるかもしれません。

今まで退場した登場人物の子供だったとか。

また、気になるのが「比企能員の変」です。

比企能員の変(ひきよしかずのへん)は、鎌倉時代初期の建仁3年(1203年)9月2日、鎌倉幕府内部で起こった政変。2代将軍源頼家の外戚として権勢を握った比企能員とその一族が、北条時政の謀略によって滅ぼされた。

引用:wikipedia

比企能員は娘のせつを頼家の側室にして、嫡男一幡が産まれ権力を強めていました。比企能員は謀反を企てますが逆に討伐されます。

頼家の子・一幡も倒されますが、「愚管抄」によると一幡は義時の郎党の藤馬という者に刺されたといいます。

トウってこの藤馬のことなんでしょうか。そうすると架空のキャラクターとも限らないですね?

色々予測が出来て楽しいです。

Sponsored Link

鎌倉殿の13人のトウ 将来は善児の弟子?最期は?(ネタバレ注意!)

ここからの内容はネタバレが含まれますので注意してください。知りたくない方は読み飛ばしてください。

NHK大河ドラマ・ガイド「鎌倉殿の13人」にトウのことがすでに書かれてあります。

梶原景時の変で梶原景時(中村獅童さん)が退場になりますが、その時善児は義時の配下になります。

その後比企能員の乱で比企能員(佐藤二朗)一族は滅ぼされますが、そこで善児の弟子となった将来のトウが登場します。トウは比企能員の娘・源頼家の側室・せつ(山谷花純さん)を手にかけることになります。

もうネタバレ見ないと落ち着かないんですよね。

その後のことも最期はどうなるのかもまだわかりません。

「鎌倉殿の13人」に登場した鶴丸が誰なのか注目が集まっています。両親がなくなったのですが誰の子なのでしょうか。重要人物のようで...

鎌倉殿の13人のトウについてでした。

Sponsored Link
Multiplex広告202204

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link