【鎌倉殿】善児は実在した?最怖アサシンのモデルになった人物は?

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に登場する善児が怖いと話題になっております。この善児という人物は実在したのでしょうか。モデルになったと言われるキャラクターはいたようですが調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の善児(梶原善)が怖い!

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の善児(ぜんじ)は主人公・北条義時(小栗旬さん)の祖父にあたる伊東祐親(浅野和之さん)の下人として物語の重要人物をその手にかけて暗躍している不気味な存在です。

善児は主家から押しつけられた汚れ仕事を淡々とこなす下人です。

善児を演じるのは梶原善さんです。

三谷幸喜さんの作品では欠かせない役者の一人です。

梶原善は善児を演じることが発表された際のインタビューでは

とコメント。

何を考えているのか今のところわからないって、怖いですね。

こっちの人も怖いですが

小池栄子 鎌倉殿・北条政子が怖い!目力とコミカル演技がすごい!

物語のキーマンとしてこれからも活躍していきそうですね。

Sponsored Link

アサシン善児の仕事がヤバい(ネタバレ)

視聴者からは「アサシン善児」「仕事人善児」など呼ばれて恐れられています。ネタバレになりますが今まで消していった人物をあげてみます。

第一話では頼朝(大泉洋さん)と八重(新垣結衣さん)の幼い子供・千鶴丸(太田恵晴くん)を川遊びに連れていき手にかけました。この時は初回から震えあがりました。

その後第5話では北条宗時(片岡愛之助さん)を消しています。

第9話では江間次郎(芹澤興人さん)

重要人物を次々と消していきました。

そして梶原景時(中村獅童さん)に仕えてからは元の主人であった伊東祐親(浅野和之さん)伊東祐清(竹財輝之助さん)まで・・

オープニングでクレジットに善児の名前があるだけで怖いです。

次は誰が・・・・

「鎌倉殿の13人」の善児は実在の人物?名前の由来は?

大河ドラマではよく実在の人物ではない架空のキャラクターを登場させますが、善児も史実には登場しないオリジナルのキャラクターです。

鎌倉時代に成立した日本の歴史書「吾妻鏡」では片岡愛之助さん演じる北条宗時は治承4年(1180年)石橋山の戦いで小平井の武士・紀六久重という人物に討たれたとされています。

紀六久重はのちに捉えられ、養和元年4月18日、腰越浜で晒し首にされます。

善児とは同一人物ではなさそうです。

善児は伊東家の下人で苗字もないです。資料で歴史に残らなかった庶民です。

なんでこんな名前にしたのだろうかって。全然いい子じゃないですねw

演じている梶原善さんから善児としなのかと考えられます。

伊東祐親を主人としたあと梶原景時(中村獅童さん)に仕えましたが、梶原景時に仕えることにより文字通り「梶原善(児)」になるってのは三谷幸喜さんの言葉遊びでしょうね。

Sponsored Link

善児のモデルになったキャラクターは?「草燃える」のオマージュ?

善児は実在しない人物だがモデルになった人はいるのではないかとネットでは話題になっています。

1979年の大河ドラマ「草燃える」で滝田栄さんが演じたのは伊藤祐親の庶子・伊東祐之(いとう すけゆき)ですが、実在しないオリジナルキャラクターでした。

同じ草燃えるの土佐坊昌俊(とさのぼう しょうしゅん)ではないかという声もありました。

土佐坊昌俊は源頼朝に臣従し治承・寿永の乱に参加した僧で武将です。

「草燃える」で荒井注さんが演じています。

義経討伐に名乗りを挙げるが、失敗して晒し首にされています。

土佐坊昌俊(荒井注)引用:twitter.com

脚本の三谷幸喜さんは「草燃える」を意識しているのかもしれないですね。草燃えるのオマージュかなと思える部分がいくつかあります。

Sponsored Link

これから北条のアサシンになって大活躍していくのでしょうか。

あのキャラクターも善児にやらせるつもりなのかと気が気ではありません。

「鎌倉殿の13人」で梶原善さんが演じる善児が話題になっています。善児はどのような最期を迎えるのでしょうか。創作キャラですから源...

鎌倉殿の13人の善児についてでした。

Sponsored Link
Multiplex広告202204

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link