斎藤工の父親のウルトラマン担当現場を調査!東北新社での仕事は?

映画「シン・ウルトラマン」に主演の俳優・斎藤工さんの父親はウルトラマンと関係のある仕事をしていたといいます。東北新社に勤務してから現在は飲食店を経営しているそうです。斎藤工さんの父親が参加した仕事や作品を調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

斎藤工の父親は映画好きで仕事は映像関係!

映画「シン・ウルトラマン」に出演した斎藤工さんは出身は東京で1981年8月22日生まれの現在40歳です。(2022年現在)

家族構成は両親と2歳年上の姉の4人ですが斎藤工さんの父親は映像関係の仕事をしていたそうです。

斎藤工さんはお父さんのその影響で幼い頃から映画をよく見て育ったといいます。

父親が映像製作の仕事をしていたこともあって、幼少の頃から映画館に連れていかれたり、中学ぐらいから自分で脚本を書いていたので、まずは映画の専門学校に行きたいと思っていました。ところが父親から「映画は学校で勉強するものじゃない。まず現場に出ることを優先しろ」と言われたんです。そういう「現場に出る」という発想からのモデル活動でした。

引用:CREA

俳優として活躍する一方で映画監督としても活動する斎藤工さんですが、もともとは映画の現場には強い興味があったようです。

映画界を目指してモデルになったのも父親の助言からでした。

小学校の時は父親の映画の製作現場に連れて行ってもらったりしていたそうです。

中学の時には父親から「仁義なき戦い」を勧められてからは本格的に映画好きになったといいます。

父親からかなり影響を受けたようです。

Sponsored Link

斎藤工の父親は円谷プロのアルバイトでウルトラマンの現場に!

映画「シン・ウルトラマン」でウルトラマンに変身する斎藤工さんですが、父親は昔ウルトラマンの制作現場でアルバイトをしていたことがあったといいます。

斎藤は主演を務める映画「シン・ウルトラマン」(2021年公開)のコーナーで樋口真嗣監督(54)と一緒にステージに立ち「父が映像関係をしてまして、アルバイトでウルトラマンに関わっていました。タロウの現場で爆破とかをやっていたんです」と意外な事実を明かした。

引用:デイリー

お父さんもウルトラマンに縁があったとはびっくりですね。

ウルトラマン・タロウ」の爆破を担当していたといいます。

ウルトラマン・タロウは篠田三郎さん主演で1973〜1974年の作品です。斎藤工さんが生まれる前になりますね。

タロウの爆破シーンってこういう感じです。

また、ウルトラマンタロウの決め技にウルトラダイナマイトというのがあったんですが・・

こういうのをやっていたんでしょうかね。

OPに名前がないか確認してみました。

ウルトラマンタロウOP

ウルトラマンタロウOP

ウルトラマンタロウOP

それらしい名前は見当たりませんでした。
アルバイトでは載らないですかね。

その影響で斎藤工さんの家にはウルトラマンや怪獣のフィギアがあったといいます。

斎藤さんが通っていた小学校はテレビ・映画などの娯楽が制限されていたためそのフィギュアが斎藤さんの唯一の玩具だったといいます。

ウルトラマンと斎藤工さんの接点は父親がもたらしたものだったんですね。

斎藤工の父親が若い頃した仕事は?有名映画監督の作品にも参加!

斎藤工さんのお父さんは若い頃から色々な仕事をしていたようです。

本当に、映画と音楽と料理が好きな人です。過去には梶芽衣子さんの『修羅雪姫』の現場に参加していたり、音楽雑誌の編集をしていたり、泉谷しげるさんのマネージャーをしていたこともあったようです。

引用:CREA

マネージャーとか雑誌編集もしていたようです。

ウルトラマンタロウの後に藤田敏八監督の現場にり梶芽衣子さん主演の「修羅雪姫」(1973年)に参加したそうです。

斎藤工さんが生まれる頃(1981年頃)には万田邦敏監督と一緒にドキュメンタリー作品などを作っていたそうです。

先日まで万田邦敏監督の現場にも参加していたのですが、やはり昔、父と万田さんは一緒にドキュメンタリーを作ったり、以前、在籍されていたところから独立して、父と万田さんは映像制作会社を作って、学校用の性教育のビデオを作ったり、万博の映像を一緒に作ったりしていたそうで。

引用:FEATURES

そのため斎藤工さんは幼少の頃から万田監督の作品を見ていたといいます。

そして2021年には「愛のまなざしを」で万田邦敏監督作品にも出演しています。


これも巡り合わせなのかもしれませんが「愛のまなざしを」の斎藤工さんの演技は素晴らしかったです。

Sponsored Link

斎藤工の父親は東北新社に勤務!参加した仕事や作品は?

斎藤工さんの父親は東北新社の社員だったそうです。斎藤工さんがぴったんこカンカンやその他メディアでも話していました。

東北新社は映画の製作や配給、CMなどの映像制作などをしている会社です。

東北新社は、映像に関するあらゆる事業を行っている「総合映像プロダクション」です。CM制作、プロモーション制作、グラフィック・WEB制作、音響・字幕制作、番組・映画制作、ライセンス営業、BS・CS放送関連事業、ネット配信事業など、幅広い事業を展開しています。

引用:東北新社HP

設立は1961年で古くからある会社ですね。

子供の頃アニメに名前が出ていたのを覚えています。

アニメ製作は古くからやっていました。

勇者ライディーン
ゼロテスター
ハゼドン
宇宙戦艦ヤマト 復活篇
機動警察パトレイバー the Movie
千と千尋の神隠し
引用:東北新社のアニメ作品

映画も有名なものを製作しています。

アウトレイジ 最終章
居酒屋ゆうれい
陰陽師 (映画)
ハンサム★スーツ
鉄道員 ぽっぽや
引用:東北新社製作の映画

東北新社のHPの作品紹介には「サンダーバード」や「オトッペ」などの作品やその他CMなども多数紹介されていました。

斎藤工さんが出演しているCMも紹介されていました。

東北新社が制作の「牙狼」には斎藤工さんが出ていました。

これに斎藤工さんの父親が東北新社でどの作品に参加して関わっていたのか、何をしていたかはわかりません。調査中を続けています。

Sponsored Link

斎藤工の父親は引退後に飲食店を経営!現在も営業中!

斎藤工さんの父親は2012年ころには映像の現場は引退して、夫婦で南米を放浪した後に東京の三軒茶屋で小さい理屋を開いたそうです。

スープとケバブ 食堂デリカッテ」という地中海料理の店ですが、2016年に閉店しています。

「斎藤工さんのご両親がやっていた『スープとケバブ 食堂デリカッテ』というお店です。2月29日が最終営業日ということだったのですが、3日繰り上げて26日に閉店してしまいました。

引用:週刊女性PRIME

人気店であったのですが、店の近くには斎藤工さんの実家もあてその場所を知られてしまったから閉店したとも言われています。

その後引っ越して大分県の臼杵市でスタイルを変えた「カフェデリカッテ」という飲食店を開いています。

斎藤工さんのお姉さんの嫁ぎ先が大分だったからなのだそうです。

こちらカフェデリカッテのインスタグラムです。

現在は不定期で営業しているそうです。

娘さんの近くなら安心ですね。

映画「シン・ウルトラマン」に出演する俳優の斎藤工さんがヒューメイリアンであるという噂があります。その噂はどこから出てきたのでし...

斎藤工さんの父親についてでした。

Sponsored Link
Multiplex広告202204

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link