ブル中野 昔の悪役レスラー時代!女帝と言われた若い頃の活躍は?

ブル中野さんは現在51才。ダイエットなどの話題でテレビやネットで見かけます。

かつては女子プロレスでヒール(悪役レスラー)として活躍していました。

現在は美魔女とも言われてバラエティ番組などに出演されて活躍されています。

ブル中野さんは90年代女子プロレス絶頂期に頂点に君臨していた伝説的レスラーです。

Sponsored Link
スポンサーリンク

ブル中野さん 昔の悪役レスラー時代の活躍

80年代はライオネス飛鳥と長与千種のクラッシュ・ギャルズの人気で女子プロレスは大ブームを巻き起こしていました。

そのクラッシュギャルズと抗争を繰り広げていたのがダンプ松本とブル中野らの「極悪同盟」でした。極悪同盟はクラッシュギャルズに対するヒール役でした。

容赦ない凶器攻撃、流血、独特のパンク・ファッションによって注目を浴び女子プロレス人気を後押しし、人気は上がり、バラエティ番組などでも乱入要員として活躍します。

ダンプ松本のイメージが強い極悪同盟ですがダンプ引退後はブル中野を中心に「獄門党」を結成します。凶器を振り回す極悪同盟時代とは違う実力に裏打ちされた新しいスタイルのヒール軍団を目指します。

ブル中野は従来のヒールのスタイルを変えて女子プロレスを盛り上げ活躍していきました。

90年1月、WWWA世界シングル王座を獲得し、その後「女帝」と呼ばれるようになりました。

同年11月アジャ・コングとの金網デスマッチは伝説の一線と言われ、4メートルの金網上からのギロチンドロップは大きな話題となりました。

1992年11月アジャに敗れてWWWA世界シングル王座を失いますが、93年からアメリカのWWFへ長期遠征し、トップヒールとしてアランドラ・ブレイズと抗争、WWE世界女子王座を獲得します。ブル中野さんはWWE世界女子王座を獲得した唯一の日本人レスラーです。

94年日本戦線に復帰し、神取忍とのチェーンデスマッチにおいて勝利。

女子プロレス界でもヒールレスラーを超えた大きな存在となります。

ブル中野さん 入門から現在まで

ヒールレスラーとして大活躍した中野さんですが、本来温厚でおっとりとした性格の持ち主だそうです。後輩の面倒見が良く、多くの後輩からたいへん慕われているそうです。

中野さんは中学1年で全日本女子プロレスのオーディションに合格し練習生となりました。この時は「歌って踊れるアイドルレスラー」になることを夢見ていたそうです。

83年プロデビューし新人王トーナメント優勝、翌84年には全日本ジュニア王座を獲得、順調に活躍していきました。

やがてダンプ松本さんからの誘いを受け、極悪同盟入ったのですが、当時はヒールになるのは絶対にいやだったそうです。最終的には先輩の言うことに逆らえず極悪同盟に加入したそうです。

最初はヒールに徹し切れず悩んだそうです。悩みを見抜いたダンプ松本さんにバリカンで左側の髪を半分剃り落とされモヒカンにされて、女性として生きるのはやめて、プロレスの世界で生きる覚悟を決めたそうです。

ブル中野さんは怪我で97年に引退します。引退後は第二の人生にプロゴルファーと決め渡米して修業しますが断念。2008年帰国してキックボクサーで、ムエタイ選手でもあった青木大輔さんと結婚します。その後は小料理屋やバーを経営する傍ら、タレントとして芸能活動などを行っています。

Sponsored Link

ブル中野さんに会いたい方は

かつてのモヒカン姿が現在は美魔女とまで言われる姿です。

アイドルレスラーをめざしていたことやヒールになるのが嫌だったことなど意外でした。

モヒカンにされて覚悟を決めたときはどのような心境だったことか・・・

かく言う自分も高校生の頃先輩に強引にモヒカンにされたことがあります。(一体どういう状況なんだ?色々あったんだが・・・)

あれは良くないです。惨めです。

ましてや女性のブル中野さんの心情はどうだったか・・・

とにかく女子プロレスに身を捧げ真摯に取り組んできた方だなと思いました。

ブル中野さんはガールズ婆バー「中野のぶるちゃん」を開店していましたが今年の3月閉店してしまいましたが、現在は後輩の山田敏代さんが「BAR中野のぱわすぽ」を開店しています。

ここでブル中野さんのトークショーなども行われていますので本人に会えますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link