西山和弥はほっぺが赤い!アンパンマンやジャルジャル福徳に似てる?

第97回箱根駅伝(全日本大学駅伝)で東洋大のエース・西山和哉選手が7区を走り4年間の大学での駅伝の走りを終えました。西山選手はほっぺが赤くなることからアンパンマンとあだ名されていて、ジャルジャルの福徳さんにも似ているように見えます。

Sponsored Link
スポンサーリンク

箱根駅伝 東洋大のエース・西山和弥選手

東洋大のエース西山和哉選手は大学4年の箱根駅伝で7区をラストラン。順位4位をキープして8区にタスキを繋ぎました。

学生トップレベルのランナーの西山和哉選手は大学1、2年生では1区連続区間賞を獲得しました。それにより東洋大学は2018年は2位、2019年は3位に入賞に貢献しました(往路では2年連続優勝)。3年目の2020年西山選手は股関節の故障で1区で区間14位と出遅れてしまい東洋大は10位となりました。

西山和哉選手は少年らしい可愛らしい顔立ちが評判でみんなから西山くんと呼ばれ親しまれています。また、乃木坂46の佐藤楓さんの大ファンなんだそうですね。

西山和哉選手 ほっぺが赤い アンパンマン号と並走して話題に

そんな西山くんは走っているときにほっぺが赤くことからアンパンマンとあだ名されています。

西山選手の顔立ちってなんか田舎の子供らしい素朴な感じがします。昔田舎の子供は冬なんかみんなほっぺが赤かったですよね。西山くんを見ていると故郷の友達を思い出しますw

2018年の箱根駅伝のときにはアンパンマン号と呼ばれる車と並走して話題となりました。

アンパンマン号と西山和哉選手

引用:スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/

これがアンパンマン号です。

アンパンマン号

引用:https://www.huffingtonpost.jp/

激戦の1区終盤にアニメ「アンパンマン」のジャムおじさんが運転するアンパンマン号のような車が登場してしばらく先頭集団と併走して走り続けました。奇妙な車の出現に皆びっくりでしたが・・・なんなんでしょうねこれは。

視聴者やネット上からはアンパン号が気になって集中できないという声が多数あがりました。

最後は西山くんのスパートに振り切られました。

その場にいた人の話ではナンバープレートが隠れていたため、整備不良で警察に止められたそうです。

Sponsored Link

お笑い芸人・ジャルジャル福徳秀介に似てる?

西山くんはお笑い芸人・ジャルジャルの福徳秀介さんに似ているとの声も多数あります。

頬がこけた感じの骨格が似ているかも。昨年キングオブコントで優勝したジャルジャルに似ているなんて幸先いいかもしれませんね。

西山和哉 卒業後の進路はトヨタ自動車

西山和哉選手は今年2021年3月卒業予定ですが、卒業後はトヨタ自動車に就職して実業団で陸上競技を続けるそうです。

スポーツ報知より

トヨタ自動車は佐藤敏信監督の元、ニューイヤー駅伝で10年連続で入賞を続け、東京五輪男子マラソン日本代表に内定した服部勇馬選手も有する実業団の中でもトップレベルのチームです。

西山選手もこれからもオリンピックを目指して頑張ってほしいです。これからも活躍を期待しています。

駅伝て正月の風物詩ですよね。高校サッカーなんかもそうですがなんでこんなに寒い時期にやるんだろうっていつも思っています。そりゃあほっぺが赤くなりますよ。

綾野剛 足が速いのは本当?中学・高校の陸上記録がガチでヤバかった!

以上、箱根駅伝のスター・西山和哉選手についてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link