上白石萌音は老けてる?芋っぽいおばさん顔と言われる理由を検証!

「恋はつづくよどこまでも」のヒットで知名度を上げてブレイクした上白石萌音さん。

一部では老け顔で芋っぽいという意見も出ているようです。

何故そう言われるのかを検証してみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

上白石萌音が老け顔だという声

これらの意見を総合すると「老け顔」「芋っぽい」「おばさん顔」「垢抜けない」などの声がありました。

顔の好みは人それぞれなので色々な意見もあり、相当数の人が注目していれば一部否定的な意見もあると思います。

僕はそこまで言うほどでもないとは思うのですが・・・

芋っぽいというのは素朴な田舎娘という感じでしょうか。「恋つづ」ではその芋っぽい感じがよかったのですが・・・

あの芋っぽさが可愛いっていう人がいるのも確かです。

「老けている」「芋っぽい」と言われる理由を検証

「老けている」「芋っぽい」と言われる理由は眉毛ほっぺのせいではないかと考えます。

上白石萌音さんの眉毛は太目です。ゲジゲジ眉毛ともいう人もいます。眉毛が太いために重心が顔の上に集まります。

その一方で、ほっぺは下膨れです。眉毛による上への重心とほっぺによる下への重心、上下に引っ張られているために、自然と顔の面積が大きめに見えてしまい、大人っぽい顔に見えます。また、ほっぺがほうれい線を強調して、一層そのように見えるのかもしれません。僕は下膨れのほっぺは好きなのですが。

しかし、これは逆に顔の面積が大きい分、出てくるだけで画面を明るくするパワーもあります。満面の笑顔は元気でパンチがあります。これは小顔のほっそりとした女優さんにはできないことでしょうか。癒し系とはまた違った魅力を感じます。

ともかく「老けている」「芋っぽい」と言われても「恋つづ」がヒットしたのは間違いなく上白石萌音さんのおかげです。

上白石萌音さんは役作りで芋っぽくしてただけです。回を増すごとにどんどん可愛くなっていったし。それにしても芋っぽさが似合い、芋っぽい女性を演じられる女優というのもなかなかいないのではないでしょうか。

上記のような否定的な意見があったのも確かですが、それ以上に白石さんを「可愛い」という意見の方が多かったように見られます。

Sponsored Link

おばさん顔?タヌキ顔と離れ目について

このような上白石萌音さんの顔はタヌキ顔ともいわれます。愛嬌がある顔ってことですよね。ブルドックに似ているともいわれているようです。(なんかジワジワきます。)

一部では女優の宮崎美子さんのデビュー直後にも似ていると言われています。

なるほど、宮崎さんも丸顔、タレ目のタヌキ顔という感じですね。そのような意見は宮崎さんのデビュー当時を知るものとしてはよくわかります。安心の昭和顔です!

かなり上の世代からも支持を受けそうな気がします。そういう意味ではやはりおじさんに愛される「おばさん顔」なのかもしれません。あくまでもいい意味でです。

もう一つ気になるのは目が離れている点です。佐藤栞里さんと同じ離れ目で可愛い系ですね。

佐藤栞里 目が離れすぎだけど可愛いのはなぜ?タレ目が気になる!

もしかしたら新しいタイプの女優顔の火付け役になるのかもしれません。純朴で親しみのあるこのタイプの顔がこれからブームになるなんてこともあるのかも。

以上、上白石萌音さんが老け顔だと言われる理由についてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link