ニコラスケイジの結婚歴・交際相手・離婚まとめ!子供・孫の有無!

米俳優ニコラス・ケイジさんが、日本人女性と交際していることをメディアが伝えています。
新恋人と噂される女性はアジア系女性でリコ・シバタさんという日本人の名前の女性です。

ニコラス・ケイジさんは昨年、エリカ・コイケさんという自称メーキャップアーティストの日本人女性と結婚したもののわずか4日後に婚姻取り消しを申請し、離婚をました。

これをふくめニコラス・ケイジさんは4度の離婚歴があります。

ニコラス・ケイジさんの離婚歴・交際歴をまとめてみました。ちなみにニコラス・ケイジさんは1964年1月7日生まれで現在は56歳です。

Sponsored Link
スポンサーリンク

ニコラスケイジの結婚歴・交際相手

クリスティーナ・フルトン

ニコラスケイジさんは女優のクリスティーナ・フルトンさんと1988年に交際を開始します。交際中の1990年に2人の間に子供が誕生します。

2人はそのまま結婚するかと思われましたが結婚しないまま破局を迎えます。

なお、この時生まれたのが息子ウェストンです。ウェストンは現在ミュージシャンとして活躍していますが父のニコラスとは映画でも共演しています。2014年ウェストン(当時23歳)の第一子が誕生、初孫が誕生しています。

パトリシア・アークエット

パトリシア・アークエットはアメリカの女優です。映画やドラマで活躍していました。
1968年4月8日生まれでニコラス・ケイジより4つ年下です。デビュー当時はセクシー美女として注目を集めていました。

1995年4月8日にニコラスケイジと結婚します。

この時ニコラス・ケイジは31歳、これがニコラス・ケイジの初婚です。

2人は映画でも夫婦共演しており、円満かと思われましたが2001年5月18日に離婚して6年の結婚生活に終止符が打たれました。

その後パトリシア・アークエットは2006年6月に俳優のトーマス・ジェーンと再婚、その後別居宣言、復縁などを経て、2011年に離婚します。

パトリシア・アークエットはニコラスケイジとの間には子供は授かりませんでしたが、トーマス・ジェーンとの間に娘が一人、また、以前交際していたミュージシャンとの間にも息子がいます。

現在は独身とのことです。

リサ・マリー・プレスリー

2度めの結婚相手はアメリカの女性歌手リサ・マリー・プレスリー。リサの父親はエルヴィス・プレスリー(9歳のときに死去)であり、また彼女はマイケル・ジャクソンの元妻であることでも知られています。。

1968年2月1日生まれでニコラス・ケイジより4つ年下です。

リサは父と同じ歌手の道に進み、20歳の時ミュージシャンのダニー・キーオと結婚し、長女、息子を儲けるも6年で離婚します。

26歳のときにマイケル・ジャクソンと2度目の結婚しますが2年で離婚します。

2002年8月10日、34歳のときにニコラス・ケイジと3度目結婚をします。この時ニコラス・ケイジ38歳です。

ニコラス・ケイジはエルヴィス・プレスリーの大ファンであるため彼女はトロフィー・ワイフ(自らの成功をアピールするためのシンボルとしての妻)という噂もありました。

同年11月15日に離婚を申請します。3か月のスピード離婚でした。

2004年5月26日に離婚成立しました。

Sponsored Link

アリス・キム

リサ・マリー・プレスリーさんとの離婚が成立した直後、2004年7月30日に韓国系アメリカ人女性アリス・キムさんと結婚します。

アリス・キムはロサンゼルスの寿司店にてウエイトレスをしていた女性です。彼女とはは韓国系ナイトクラブで出会いました。

アリス・キムさんは1983年12月27日生まれで出会った当時は21歳でした。出会って2ヶ月後で結婚のスピード婚でした。

このときニコラス・ケイジ40歳で20歳も年下の妻になります。

結婚を急いだのは当時ニコラスが映画の撮影のため南アフリカに行くことになっており、アリスも一緒に連れて行きたかったからだそうです。

2005年10月3日2人の間に息子カル=エル・コッポラ・ケイジが誕生しています。

2011年にニコラスケイジは泥酔して妻にドメスティックバイオレンスをはたらき、ドメスティック・バイオレンスと迷惑防止条例違反の罪で逮捕されています。

2016年1月にアリスと離婚、12年の結婚生活でした。

エリカ・コイケ

2019年3月23日、自称メイク・アップ・アーティストのエリカ・コイケさんと結婚します。

エリカ・コイケさんは1983年アメリカ生まれで父は日本人、母はタイ人のハーフです。両親は
ロサンゼルスの人気タイ料理レストラン経営者です。

アリスに続きまたも20歳年下の美女との結婚です。このときニコラス・ケイジは55歳です。

コイケ・エリカさんとは結婚前年の4月ころより交際していました。2019年3月23日ラスベガスで挙式を行い結婚許可証の申請を行いました。しかし申請から4日後の27日に婚姻無効を申請する手続きを行いました。

これは、結婚申請の当日、ニコラス、エリカさんともに泥酔状態だったためということ。ニコラス・ケイジにとっては酔っ払っていて意識がはっきりしない間に結婚させられた形になります。

また、エリカ・コイケさんが飲酒運転での逮捕歴があったことや他の男性との関係を隠した上での詐欺的行為であったとし、ニコラス側から申請して離婚をしました。

新恋人の報道 日本人(日系人)リコ・シバタさん

リコ・シバタさんという女性とニコラスケイジさんが米ニューヨークのJFK空港で手をつないで歩く姿を目撃されていたのを複数メディアが伝えています。

シバタさんの素性や2人の出会いなどはまだ明らかにされておりません。わかっているのはリコ・シバタという名前の日本人(日系人)ということと、ケイジさんよりもかなり若い(20代?)、ロングの黒髪の女性であるというだけです。

エリカ・コイケさんについで再び日本人と交際か?しかも若い!

このリコ・シバタさん一体何者なのでしょうか?

五度目の結婚となるのでしょうか?

情報が分かり次第お伝えしたいと思います。

Sponsored Link

4度の結婚と離婚 息子が二人で初孫も

以上、ニコラス・ケイジさんは過去4回結婚し、4回離婚しました。交際相手だったクリスティーナ・フルトンさんとの間に長男が、そして初孫も誕生、3度め結婚相手のアリス・キムさんとの間に次男がいます。

そして現在新恋人の存在が浮かび上がって来ています。

結婚歴をまとめましたが女優からそうじゃない方まで、また、スピード婚だったり、わずか4日なんてのもありますが・・・こうしてみると、何か凄まじいものを感じてきました。

こういう方もいました。

川崎麻世とカイヤの若い頃、馴れ初めと結婚、現在ドロ沼の離婚訴訟

それにしてもニコラス・ケイジかっこいいですよね!

ニコラス・ケイジの映画で覚えているのが「天使のくれた時間」という映画です。ビジネスで成功を収めた男が、現在の記憶を持ったまま昔別れたの恋人と結婚したパラレルワールドを過ごすというような内容でした。人生に「たられば」があったらという話です。

そしてパラレルワールドから戻った主人公はかつて別れた恋人に会いに行くのですが・・・人生について考えさせられる、心あたたまる物語でした。

とても純粋な話で感動した覚えがあります。この映画が公開されたのは2001年です。時期的には最初の結婚相手と破局を迎える頃になります。それを考えるとちょっと複雑な気分にもなってきてしまいますが・・・

以上、ニコラスケイジの結婚歴・交際相手についてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link