衛藤美彩の母親はどんな人?幼い頃からの絆!贈った言葉が泣ける!

昨年3月に乃木坂46を卒業し、10月に西武ライオンズの源田壮亮選手と結婚をした衛藤美彩さんですが、衛藤美彩さんの活躍には陰で支えるお母さんの存在が大きかったようです。

衛藤美彩さんのお母さんはどのような方なのでしょう。

Sponsored Link
スポンサーリンク

衛藤美彩プロフィール 乃木坂卒業と結婚

衛藤美彩(えとう みさ)
生年月日 1993年1月4日(27歳)
出身地 大分県大分市
身長 163 cm
血液型 AB型

乃木坂46の元メンバー
『美人百花』のレギュラーモデル

高校1年のときに大分の情報誌「CHIME」のモデルとして芸能活動を開始、高校卒業後上京して、2011年、乃木坂46の1期生オーディションに合格、以降グループ・ソロで活動。

2019年3月に8年間所属した乃木坂46を卒業し、2019年10月西武ライオンズの内野手・源田壮亮と結婚します。

卒業後も芸能活動を継続しています。

衛藤美彩さんの母親の言葉が泣ける

衛藤美彩のお母様は以前テレビで姿が公開されたことがあり、また、最新フォトブックにも母娘対談で出演しており、きれいな人らしい。

衛藤美彩さんにとって母はどのような存在なのか、

衛藤さんが言うには、チャーミングな人で強い人、家族をまとめ上げているのは母、と語っています。

衛藤美彩さんにとっては絆の強い大きな存在のようです。

2015年の乃木坂46の真夏の全国ツアーのドキュメンタリー映像でこんな言葉を伝えています。(母の言葉をナレーターが語っている映像です)

娘の美彩は誰よりも私は知っているし、
私も美彩のことを誰よりも知っていると思う。
この時期、美彩からいろんな事を聞かれた。
私は何で選抜になれないの?
私に足りないの?
ママ、私の悪いところってどこ?

そんなに悩まなくても良い、としか私は答えられなかった。

みさは4歳の頃生死を彷徨うほどの思い病気を患った。
友達と遊ぶ事もできなかった。
治療は長引いたが8才の頃には縄跳びもできるまでも回復した。

私は美彩が行きているだけで幸せだ。だから選抜に入れない「そんなこと気にするな」としか言えない。

私は元気で美彩らしくしていればそれでいいと思っている。
・・・

Sponsored Link

幼い頃からの絆 源田壮亮選手との結婚 父親、兄弟について

この映像をYouTube観た時にいい年して涙が出てきました。

素晴らしい、いいお母さんだなあ・・・

実は衛藤美彩さんは4才のときに足の腫瘍を患い、車椅子の生活をしていたそうです。

小さいのに車椅子生活や友達と遊べなかったなんて不憫です。

治療により小2の頃から歩けるようになり、小3のころにはリレーのアンカーを務めるほど走れるようになるほど回復したそうです。

病気によって苦しんでいるには常にお母さんが寄り添い、励ましてくれたそうです。

衛藤美彩さんが芸能人になってそれは変わらず、選抜になれず思いつめた時、支えてくれたのもお母様でした。

衛藤美彩さんは某テレビ番組で披露された母親からの手紙に涙を流すこともありました。

お母さんのおかげで気の済むまで乃木坂をやって卒業できたのだと思います。

また、衛藤美彩さんはどんなことでも必ずお母様に相談するとのことです。

なんでも源田壮亮選手との交際には最初に反対だったそうですが、源田壮亮選手と話をすると意気投合してあっさり賛成に転じてしまったとか・・・お母様は人を見る目があり美彩さんは絶対的信頼を置いているようです。

ところで、衛藤美彩さんには兄と弟がいます。実家で父、母、兄、弟がそろって乃木坂46の「制服のマネキン」を踊っているのを披露している映像がありました。(顔は隠している)

楽しそうでノリのいい家族ですね。

兄弟や父親のことについてもまた、レポートしたいと思います。

僕も、病気や交通事故で入院した時はどれだけ両親に心配と苦労をかけたんだろうか・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link