スターウォーズの順番はなぜ時系列順ではないのか?完結までを解説

スター・ウォーズシリーズの最新作「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」がまもなく公開されます。シリーズのエピソード9にあたる完結編です。

スター・ウォーズが初めて公開されたのは1977年ですからあれから40年以上経ったことになります。

1977年に公開されたのは「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」ですが何故いきなり途エピソード4からはじまったのでしょうか?

これはどういうことなんでしょう?

Sponsored Link
スポンサーリンク

スター・ウォーズシリーズ公開日と順番 時系列順ではない理由

スター・ウォーズの映画は今度公開される完結編を含め全部で9作品あります。(他スピン・オフが2作品)公開した年とタイトルは以下の通りです。

  • 1977年 スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望
  • 1980年 スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲
  • 1983年 スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還
  • 1999年 スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス
  • 2002年 スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
  • 2005年 スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
  • 2015年 スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒
  • 2017年 スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ
  • 2019年 スター・ウォーズ エピソード9 スカイウォーカーの夜明け

最初の公開がエピソード4から始まっています。

いきなり物語の途中のエピソード4から始まって6で一度完結し、続いてエピソード1〜3、飛んでエピソード7〜9となっています。何故このような変速的な順番なのでしょうか。

スター・ウォーズを製作したジョージ・ルーカスには当初、全部で9部作になる物語の草案がありました。

ジョージ・ルーカスは一作目が商業的成功を収めねばシリーズ化が望めないと考えました。
そのため物語の中で一番盛り上がるエピソード4をまず一番最初に世に出すことが得策と判断しました。エピソード4の「新たなる希望」は冒険活劇として完成度の高い内容でした。

また、エピソード1〜3の惑星都市や宇宙での大規模戦争の描写が当時の技術では映像化が不可能であったということもあったそうです。

このような判断からエピソード4から製作したということです。ジョージ・ルーカスはどうしてをシリーズ化したかったのですね。

結果としては大ヒットして、続編「エピソード5 帝国の逆襲」「エピソード6 ジェダイの帰還」が作られエピソード4〜6の三部作で一旦シリーズは完結します。

このような経緯から物語の時系列順に公開されず変則的な順番になりました。

ジョージ・ルーカス

スターウォーズ シリーズ完結まで 

1990年代に入り、一旦制作から離れたルーカスですが、まだスター・ウォーズ人気が衰えていないと知り、では最初から、ということでシリーズを再開します。「エピソード1 ファントム・メナス」「エピソード2 クローンの攻撃」「エピソード3 シスの復讐」が制作されました。

ここでジョージ・ルーカスはシリーズ全9部作の予定を全6部作に修正してシリーズを完結させました。

この3部作も大ヒットしたのですが、その後ディズニーに買収され、完結したはずのシリーズは再び復活し「エピソード7 フォースの覚醒」「エピソード8 最後のジェダイ」「エピソード9 スカイウォーカーの夜明け」が制作され、最初に想定されていた全9部作が完結します。

ちなみにディズニーが作ったエピソード7〜9はジョージ・ルーカスの構想とは大きく異なるものだったそうです。

続編が作られるのはファンには嬉しいですが、なんか複雑ですね。

Sponsored Link

スター・ウォーズ初期3部作公開当時のこと

スター・ウォーズが最初に公開されたころ僕はまだ小学生で、当時話題作になったのでよく覚えています。R2D2派かC3PO派かでよく友達と話しました。

たしかあの時はエピソード4とか「新たなる希望」のような副題はついていなかったと思います。「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」てむしろ違和感があります。

三年後1980年に「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」が公開されあくまで続編、パート2という認識でした。

1983年公開の3作目は「ジェダイの復讐」というタイトルがついていたのも覚えています。(ポスターを買ったから覚えている!)「ジェダイの帰還」とタイトルが変わってたのですね。

その三部作でスター・ウォーズは完結したものと思っていましたが15年ほど経って1999年に新作が公開されると聞いて「エピソード1」なんのこっちゃ?ダース・ベーダーの若い頃の話?なんで遡って製作されるだ?って感じでした。

その頃はそんなに興味もなかったのでその後は追わなかったのですが、こうして整理されるとまた興味が湧いてきました。一度エピソード順に見てみるのも面白いかもしれませんが技術革新の差とか当然あるだろうからやっぱり違和感感じてしまうんでしょうかね。

とりあえず当初の予定の9部作が完結ということですが、なんと!また新たな3部作を制作する予定もあると聞きました。本当に?

どうなるんでしょう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link