無名の俳優・萩野谷幸三(63才)が主演の異色映画「エキストロ」

無名の俳優が主演を務め、有名俳優が脇役という異色のドキュメンタリー映画が公開されるとのことです。

映画『エキストロ』(村橋直樹監督) 2020年3月13日より全国順次公開されます。

主演は63歳の無名の俳優・萩野谷幸三が本人役で出演。

脇を固めるのは俳優の山本耕史、寺脇康文、女優の斉藤由貴。

ほかに映画監督の大林宣彦、作家の荒俣宏、プロレスラーの藤波辰爾らに加え、黒沢かずこ(森三中)、加藤諒、三秋里歩、石井竜也ら様々なジャンルで活躍している方々。

異色のモキュメンタリー(フェイクドキュメンタリー)・コメディ映画です。

Sponsored Link
スポンサーリンク

映画『エキストロ』あらすじ

歯科技工士として働く63歳の萩野谷幸三は、本業のかたわらエキストラ事務所ラークに所属し、テレビドラマや映画の撮影に参加する日々を送っていた。そんな萩野谷が山本耕史主演の時代劇「江戸の爪」の撮影に参加することになるのだが……。

引用:映画.comより

なるほどエキストラへ焦点を当てた物語なので無名の俳優を起用したということですね。

そして市民エキストラとして活動していく中で巻き起こる悲喜こもごもの出来事を描く骨太なドキュメンタリーと見えながら、ストーリーは奇妙な事件や登場人物の登場で、あらぬ方向に流れていく展開とのこと・・・・

萩野谷幸三さん

俳優 萩野谷幸三のプロフィールは

63歳にして映画初出演(&初主演)となる無名の新人・萩野谷幸三について調べてみました。

萩野谷幸三は茨城県土浦市を拠点に活動する社会人劇団『劇団創造市場』(代表 稜地一週(茨城県演劇連盟会長))に所属します。

公式HPによると「劇団創造市場は、茨城県内外で活動している劇団です。社会人や学生たちが集まり、 役者やスタッフとして楽しみがら芝居を行っています。」とのことです。

土浦市を拠点に活動する社会人劇団です。

この劇団は昭和45年創設ですから50年近く続いている劇団です。(劇団員も募集しています。)

「ピーターパン」「マクベス」「そして誰もいなくなった」「森は生きている」などの公演記録があります。

HPには萩野さんの情報は少ない状態ですが2019年秋公演「アルジャーノンに花束を」でマット・ゴードン役を演じる予定となっております。

他、情報がほとんどない状態ですが、詳しい情報が分かり次第UPさせていただきたいと思います。

Sponsored Link

本人役として出演、現実と虚構が入り混じる世界観

映画では萩野谷幸三 本人役として出演し、脇を固める俳優やタレントさんたちも実名で登場し現実と虚構が入り混じる展開とのことです。

監督は、NHK「おんな城主直虎」を演出した村橋直樹

脚本は、「パコと魔法の絵本」の劇作家・後藤ひろひと

主題歌は、トリプルファイヤー featuring 松崎しげるの異色のタッグが作品のキーポイントとなる“宇宙原始獣ガモゲドラ”のテーマを歌い上げるとのことですがなんのことでしょうか?

モキュメンタリー(フェイクドキュメンタリー)とは架空の人物や団体、虚構の事件や出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風表現のことです。

これまで観たことのない想像を超えた世界が期待できるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link