瀬戸大也 違約金はいくら?スポンサー契約解除やCM打ち切りで賠償金は? 

東京五輪の日本代表にも内定していた水泳選手の瀬戸大也さん不倫報道がありました。ANAとのスポンサー契約も解除され、夫婦で出演していた味の素のCMも打ち切りで相当の違約金が予想されます。

Sponsored Link
スポンサーリンク

瀬戸大也 ANAとのスポンサー契約解除

瀬戸大也さんはANA(全日本航空)所属でしたが不倫騒動によりANAから契約解除されました。ANAとは2017年4月〜2021年3月の契約でしたが満了を待たずの契約解除となりました。

しかも不倫相手がANAのキャビンアテンダントでした。

ANAとの契約金がいくらかだったのは不明ですが、ANAからは年間数千万円の報酬を得ていたといわれています。

北島康介さんがコカコーラとは年間1億円の契約だったそうです。それを考えるとトップアスリートと大企業が契約する場合、契約金は1年で1億円というのが相場と見れます。瀬戸大也さんの契約金も実際は同等の額だったのではないかと思います。

水泳選手の収入源はこの所属企業からの給料とCMなどのスポンサー企業との契約金
と出場レースの賞金になりますが、今回の契約解除の損失は大きいです。

味の素のCM打ち切り

元飛び込み選手の嫁・馬渕由佳さんと出演していた味の素「勝ち飯」のCMも公式サイトから削除され、CM出演の契約も解除されました。

味の素のCMでは妻の由佳さんと仲睦まじい姿を見せ、今回の不倫騒動では十分にCMのイメージを損なうものだったと思われます。契約解除もやむなしかもしれません。CMの契約は数千万円といわれています。

他にCMはP&Gの男性ひげそり「ジレッド スキンガード」も出演しており、公式サイトからCMは削除されました。P&Gはオリンピック最上位スポンサーです。こちらも契約解除になる可能性は大きいです。

JOC(日本オリンピック委員会)の肖像権事業「シンボルアスリート」の契約も解除されてしまいました。これは選ばれたトップ選手がJOCに肖像権を預けCMなどに起用する制度であり、その報酬は年間1000万〜2000万円といいます。その報酬も失うことになります。

瀬戸大也の違約金はいくら?

CMの出演者が不祥事を起こした場合、ほぼ間違いなく違約金が発生するといいます。
出演者と企業と契約書を交わす際に商品イメージの低下につながる行為の制限が盛り込まれているのが一般的であり、それに違反した場合は違約金を支払うことになる場合がほとんどです。

不倫などは商品イメージの低下にほぼつながる行為になります。ですからCMで企業のイメージキャラクターに起用される場合不祥事は絶対起こせません。その場合違約金が請求される可能性もあり、CMの契約違反のペナルティは重いです。

瀬戸さんは上記の所属スポーンサーの契約解除やCM解除で経済的損失が数千万から数億円と考えられ、違約金は数千万〜1億円と予想します。所属のスポンサー企業から解約されたのですべて個人負担しなければいけないことになります。

五輪が一年延期で打撃を受けている企業も多く、巨額のスポンサー料や億単位の契約を避けたい企業も多いことでしょう。スキャンダルを口実に契約解除に持っていくスポンサーも多いのではないでしょうか。

とにかく不倫の代償がとんでもなく大きいものになってしまいそうですね。

今回の瀬戸大也さんの不倫騒動にはびっくりしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link