唐田えりかは韓国で人気!ドラマ・CMで活躍!理由やきっかけは?

女優の唐田えりかさんは韓国では人気があるとのことです。

韓国では多くの日本人の俳優・女優が人気があるそうですが、唐田さんは韓国での人気はどのようなものなのでしょう。

韓国での人気や経緯、韓国で活動するようになった理由やきっかけなどを調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

唐田えりかさん プロフィール

唐田えりか(からた えりか)
生年月日:1997年9月19日(22歳)
出身地:千葉県君津市
身長:167 cm
血液型:A型
事務所:フラーム(日本)、BHエンターテインメント(韓国)

趣味・特技
音楽・映画鑑賞、フィルムカメラ、書道

主な出演作品

テレビドラマ 「こえ恋」「世にも奇妙な物語」「貴族探偵」「ブランケット・キャッツ」
CM 「ソニー損害保険 」
映画 「寝ても覚めても」

韓国で女優活動する経緯と人気 ドラマ・CM・事務所は?

2014年、唐田えりかさんは高校2年の春にアルバイト先で現在の事務所フラームのマネージャーからスカウトされました。ブラームは広末涼子さんなどが所属する事務所です。

同じ年、韓国のアイドルグループ少女時代のミュージックビデオに出演し、芸能界デビューしました。

以降日本でモデル・女優としてドラマや映画・CMで活躍します。

2017年に韓国の芸能事務所BHエンターテインメントと契約し、本格的な韓国での活動を開始します。BHエンターテインメントはイ・ビョンホンなどが所属する事務所です。

そして韓国のLGエレクトロニクスのスマートフォンのCMに出演します。

LGは韓国では大手家電メーカーですから注目度が高かったのが伺えます。

このCMで彼女の顔が知られるようになりました。

Brown Eyed Soulナオルのミュージックビデオにも出演します。

Brown Eyed Soulナオルは韓国では絶大な人気・実力を誇る歌手です。

彼女のイメージと音楽がマッチするということでナオルの推薦で抜てきされたと言われています。

このミュージックビデオでに出演して韓国では彼女への注目が高まりました。

唐田えりかさんは韓国では清らかで清純なイメージで知られており「広末涼子に続く清純派女優」と言われています。

2018年、第23回釜山国際映画祭で唐田さんが出演した映画「寝ても覚めても」の公式チケットの予約が3分で完売するという、公開前から熱狂的人気でした。

それを受け主演の東出昌大さんとともに来韓した唐田さんは熱狂的な歓迎を受けました。

なお、同作品は唐田さんが日本で新人賞等を受賞して女優として転機となる作品でした。

2019年、韓国ドラマ「アスダル年代記」に出演し人気を得ます。セリフは韓国語で、アクションも披露します。

彼女の熱演は大きな関心を集め、この放送後、「唐田えりか」の名は韓国で検索ワードランキングで1位を記録したそうです。

Sponsored Link

韓国で活動するきっかけや理由

唐田さんは子供の頃、韓国のアーティストグループBIGBANGをの歌を聞いてK-POPファンになったと語っています。

BIGBANGは韓国の5人組男性アーティストグループで日本デビューもしています。

K-POPファンになった唐田さんは自然に韓国のことが好きになります。

デビューで少女時代のミュージックビデオに出演して、漠然と訪韓したい、韓国でも活動したいと思ったとのことです。デビューでK-POPのミュージックビデオに出演できたとは幸運でしたね。

韓国で活動を始めてからは家庭教師をつけてもらい韓国語の勉強にも励んでいるとのことです。

K-POPが流行っていたのって唐田さんの子供のころだったんですね。もうそんなに経つのか・・・

韓国では日本の女優も人気で石原さとみさん新垣結衣さんなど、大変人気があるそうです。

唐田えりかさんが韓国で人気があるのは初めて知ったのですが・・・というか唐田えりかさん自体よく知らなかったです・・・。

ソニー損保のCMのあの娘だったんですね!

以上、唐田えりかさんが韓国での人気や経緯・きっかけ・理由でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link