鈴木蘭々の会社名は?現在は経営者 立ち上げた化粧品ブランドは?

鈴木蘭々さんが先日テレビ東京系バラエティ番組『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』の登場しました。

鈴木さんは90年代に『ポンキッキーズ』になどに出演し、ボーイッシュなショートヘアと明るいキャラクターで人気でしたが突然芸能界から姿を消しました。

番組ではその真相を語っていましたが、現在は化粧品会社を起こし社長になっているとのことです。

鈴木さんの販売する化粧品の会社やブランドについて調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

鈴木蘭々さんが起業した会社とブランド

鈴木 蘭々さんが起業した会社は株式会社WOORELL(ウーレル)です。鈴木さんは代表取締役社長です。

WOORELLは2014年12月に設立され、鈴木さんは基礎化粧品ブランド「NARIA COSMETICS(ナリアコスメティクス)」を立ち上げました。

オフィスは南青山にあるそうです。

NARIA COSMETICSの基本コンセプトは「自分が使っていて、本当に効果があるなと実感できるもの」だそうです。

自身でプロデュースした化粧水を販売しています。

NARIA COSMETICSの商品については公式ホームページで確認できます。

自身のプロデュースした植物成分配合の美容液とスキンオイルが紹介されています。

また、ホームページの方では鈴木さん自らがモデルとして登場しています。

この商品はホームページから購入することもでき、AmazonやYahoo!ショッピング、楽天でも購入できます。実店舗では表参道のコスメショップ「MS・Style」でも購入できるそうです。

「肌質が変わった」「敏感肌の私にも合っている」などの口コミ情報もあり好評のようです。

最近では国内だけでなく海外販売にも力をいれており、中国の伊勢丹や三越のECサイトでも販売されているそうです。

勉強して自ら開発、化粧品ブランドをプロデュース

鈴木さんが23才の突然テレビから姿を消し、単身でニューヨークに1年留学しました。帰国後は舞台、ドラマを中心に芸能活動をしていました。

舞台での肌荒れの経験をしてから化粧品にこだわるようになったそうです。

なかなか自分に合う化粧品に出会えず自分で作ろうと考え、本格的に勉強を始めたそうです。日本化粧品検定 コスメコンシェルジュ資格も取得されています。

また、気になるものはとことん調べたくなるタイプだそうで、化粧品の成分を知るのが好きなんだそうです。

元々芸能活動以外に何かしたかった鈴木さんはそのような経緯もあり、芸能生活25周年を契機に企業して、年齢肌に特化した自身の基礎化粧品ブランド「NARIA COSMETICS」を立ち上げてたそうです。

ブランド立ち上げには商品の企画、企画書の作成、内容成分の提案と決定、写真撮影、デザイナーとの打ち合わせやサイトの商品説明、基本レイアウト等、全てご自身で行いプロデュースしたそうです。

化粧品開発・商品化もオイルの選定から、海外からの材料取り寄せや配合パターンの作成など全て行ったそうです。

Sponsored Link

現在の鈴木爛々さん

鈴木爛々さんが会社の経営者になっていたとは驚きました。

しかも鈴木さんの起業は単なる芸能人の名前貸しプロデュースとは違うようです。全てご自身で行なっているようです。

昔は不思議ちゃんぽくて子供っぽいイメージでしたが、先日番組で拝見した姿は子供っぽい面影はなく、芸能人というより経営者の佇まいでした。

鈴木さんは現在44才だそうですがそうは見えません、若々しくお綺麗です。これも開発した商品のおかげなんでしょうか、商品も好評とのことです。

企画や開発まで全て行なっているそうで、元々ビジネスの才能があったのでしょう。

しかし、鈴木さんはビジネスをおこなっているだけではなく、現在も芸能活動も行なっており、舞台にも定期的に出演しているそうです。

なんかホッとしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link