大沢たかお キングダムの役作りがスゴい!筋肉増量や笑い方再現!

原泰久さん原作の人気漫画「キングダム」が2019年山崎賢人さん主演で実写映画化され
大ヒットしました。
中でも大沢たかおさんが演じる王騎将軍は圧倒的な存在感で好評を博しました。

王騎を演じた大沢たかおさんの役作りについて話したいと思います。

Sponsored Link
スポンサーリンク

大沢たかおさん 役作りで筋肉増量

原作の王騎は秦の六大将軍の最後の生き残りで、「秦の怪鳥」の異名で呼ばれ中華全土に名を轟かせた大将軍です。

主人公憧れの存在であり重要人物です。原作でも非常に人気の高いキャラクターです。

また、王騎は大柄でプロレスラーのような巨漢、人間離れした体格です。

大沢さんは王騎を演じるにあたり、普段75キロをキープしている体重をトレーニングにより90キロに増やして肉体改造をしたそうです。

15キロの増量とはすごいですね。

これだけ肉体改造できたのは大沢さんの食生活にありました。役作りのために肉を1日1キロ、ご飯3杯を食べる生活をして増量したそうです。

朝から300~400グラムのステーキを食べて、昼食もできるだけ肉を食べてるようにして、野菜はほとんど食べす、大量のたんぱく質を取ることにより筋肉増量したそうです。

もう、主食がステーキですよね。

劇中では長さ4メートル重さ30キロの矛を片手で振り回すという圧巻の演技を見せています。

主演の山崎賢人さんは「現場で一人だけ人間じゃない人がいると思った」そうです。

下の画像は王騎を演ずる大沢さんですが腕の太さがスゴいですよね。CGではないです。

王騎の笑い方 再現度が高いと評判

王騎は喋り方がオネエ口調で、「ンフ」や「ココココ」という独特の笑い方をします。

大沢さんは王騎の特徴的な笑い方を一番難易度の高い部分の一つと語っています。イメージ通りやると女性になってしまう、一歩間違えると変質者になってしまう、そのように思っていたそうです。

王騎は特にファンが多いキャラクターなので、芝居から動き、衣装、体の作りまですべて
ナーバスになり、そういう恐怖と対峙しながら現場に入っていたといいます。

映画では「ンフ」が再現されていましたが「再現度が高かった」との声が多く評判でした。

ちなみに「ココココ」は映画では出てきませんでした。映画は原作の1〜5巻であり、原作でも「ココココ」が出てくるのはそれ以降になります。

続編ができたら再現してくれるかも知れませんね。期待しましょう。

Sponsored Link

原作通りのイメージ 続編に期待

キングダム実写映画化で大沢さんが王騎をやると聞いたとき「どういうふうになるんだろう?」と思いました。正直ちょっと心配でした。そもそもキングダムの実写化が不可能だと思っていましたし、特に王騎は現実離れしたキャラクターです。

実際映画が公開されると、王騎は「原作のイメージ通り」との声が多く大沢さんは見事に再現して演じてくれました。「最後に王騎が全部盛っていった」との声もありました。

王騎は身長2mの巨漢の設定ですが、大沢さんは181cm、それでも王騎のスケール感を感じさせました。

15キロ増強の肉体改造をして役にのぞんだのもさすがプロですね。元々大沢さんにはマッチョなイメージはなかったのですが、画面に登場した大沢さんは非常にマッチョでたくましい筋肉でした。

それを大沢さんは50を過ぎてからやってのけてしまうのもまたスゴいですよね。

ぜひ続編をみたいですね!

大沢たかおさんの王騎・役作りについてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link