三浦大知 子供時代のグループや曲は?天才と言われダンスがすごい!

「和製マイケル・ジャクソン」といわれ、世界的な音楽活動をする三浦大知さん。幼少期から天才と言われ歌やダンスのレッスンを受け子供時代にデビューしました。子供時代に所属していたグループや曲を紹介します。

Sponsored Link
スポンサーリンク

三浦大知さんの子供時代のグループはFolder

三浦大知さんは沖縄出身で1987年8月24日生まれ、現在33歳(2020年)ですが、幼少期から歌やダンスのレッスンに励んでいました。6歳頃に母の奨めでダンススクールに通います。

1997年9歳のときに沖縄アクターズスクール出身の小中学生男女7名でFolderが結成されて三浦大知さんはメインボーカルのDAICHIとしてデビューしました。DAICHIは最少年メンバーです。

Floder時代の三浦大知さん

歌や踊りが上手いとうだけでは鼻につく子供だなあってってくらいにしか思わないんですが、Folderは歌やダンスのキレが凄く、子どもなのにこの時点で完成してしまっているという感じで、全く文句のつけようがありませんでした。

特にDAICHIの歌唱力やダンスはずば抜けたものがありました。

フォルダーのメンバーはDAICHIをメインボーカルにAKINA、ARISA、HIKARI、NATSU、MOE、JOEの7人でDAICHIこと三浦さんはFolderで1997年〜2000年まで4年間活動していましたが、三浦さんが変声期に入ったため、活動休止に入り、Folderを脱退します。

FolderはDAICHIとJOEを除いた女性5人でFolder5が再結成され、三浦大知さんが音楽活動を再会したのは5年後の2005年17才からになります。

ちなみにHIKARIは現在女優として活躍している満島ひかりさん、AKINAはビビる大木の奥さんです。2018年の三浦さんのツアーで満島さんが登場しています。

三浦大知 子供時代の曲 デビューから休業期間まで

Folderとしてデビューしてから7枚のシングルを出しています。

1997年8月 パラシューター
1997年12月 NOW AND FOREVER
1998年3月  FIRE! FIRE!
1998年9月  ジャカジャカジャンケンポン
1999年3月  Glory Glory
1999年8月  I WANT YOU BACK
1999年12月  Everlasting Love

デビュー曲「パラシューター」は10万枚のヒットとなりました。

当時この曲を「Hey!Hey!Hey!」で初めて拝見したときは衝撃的でした。歌って踊る子どこたちを見ていて、すごい子どもたちがでてきたものだなと思ったものです。大人顔負けのダンスと歌唱力で今後こんな子どもたちがでてくることはあるのだろうかと驚きでした。

ジャカジャカジャンケンポン」は懐かしいですね。当時ポンキッキーズで流れていたのを思い出します。朝の通勤前に男の子の響きのいい声がよく聞こえてきていたのを思い出し、今思うとあれは三浦大知の声だったんだなあと驚いています。

また、ソロ活動で三浦大知名義でテレビアニメ「小さな巨人 ミクロマン」の主題歌「 Big heart〜ミクロマンのテーマ〜」をリリースしています。

他にNHK教育テレビの「さわやか3組」のオープニングテーマも歌っていました。

Sponsored Link

沖縄アクターズスクール時代から天才と ダンスのキレがすごい

そういえば当時は安室奈美恵さんやSPEEDなど沖縄出身のアーティストが大活躍で勢いが凄かったですよね。沖縄アクターズスクールという名もそのとき知れ渡りましたが、みんな三浦さんの先輩になるわけですね。

三浦さんは少年時代から和製マイケル・ジャクソンと言われて才能を見出され、年上に混じってレッスンをウケてきました。スクールでも17才のDA PUMPのISSAからも指導をうけています。ISSAさんも当時小学生だった三浦さんを、何を教えてもすぐできてしまうと、その天才ぶりを語っていました。

Folderで歌っていたときは小学生がずいぶん大人びた曲を歌うものだと思っていましたが、こうして大人の中に入ってレッスンを受けていく中で、養われてきたのでしょうか。子供の頃から頃から色気もありましたね。

天才と言われてきましたが、もちろん見えないところで相当努力もしてきたんでしょうね。

Folderを脱退と知ったときは残念に思いました。ずっとその男の子どうなったんだろうっておもっていましたが、後になってそれが三浦大地だったと知ったときは驚きました。

休業期間中はダンスを中心にレッスンを受けていたといいますがダンスのキレは某アイドルグループなんて比にならないですね。

以上、三浦大知の子供時代のグループや曲についてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link