川口春奈の帰蝶 評判は?演技が下手?沢尻エリカの代役は成功?!

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で染谷将太さん演じる織田信長の妻・帰蝶役が好評の川口春奈さん。初の時代劇にもかかわらず評判を得て人気もうなぎのぼり。

元々は沢尻エリカさんの代役として急遽出演が決定、大役にもかかわらず見事演じきっています。そんな川口春奈さん演じる帰蝶の評判はどうでしょう。

Sponsored Link
スポンサーリンク

「麒麟がくる」川口春奈さんの帰蝶の評判・評価

「麒麟がくる」の川口春奈さん演じる帰蝶についてネットでは以下のような声がありました。

  • 美しい
  • 川口春奈でよかった
  • ハマっている、当たり役

というような声が多く、皆さん好意的に川口春奈さんの帰蝶を受け入れているようです。

僕も川口春奈さんの帰蝶は当たり役だと思います。「麒麟がくる」の最大のヒットは帰蝶ではないでしょうか。

帰蝶は大河ドラマや時代劇の姫では人気のある役どころです。これだけ役がハマり、モノにした川口さんは今後、帰蝶といえば川口春奈と言えるくらいのものを残したのではないでしょうか。

「川口春奈でよかった」という声が多いのは沢尻エリカさんの代役を受けての出演のためのものです。最初から川口さんで良かったのではという声もあります。

演技が下手?沢尻エリカの代役は成功?

一方で、演技が下手だという意見もあります。

やはり沢尻エリカさんの代役ということで比較されてしまいますね。

沢尻さんの帰蝶も見たかったとの声もあります。確かにそれも見たかった気がします。川口さんの帰蝶とは違うまた別の帰蝶が見られたかもしれません。沢尻さんが演じていたらどんな帰蝶だったでしょう?

川口さんは急遽代役だったということ、また、時代劇初出演ということで、短い期間で時代劇の所作なども身に着けなかればなりませんでした。大変な苦労だったと思います。

「そもそも現代の日本人は昔とは体形が変わり、脚が長いので着物の帯を結ぶ位置が高すぎます。ですから和服の着こなしとしては、あまり美しくないんです。それを補うのが立ち居振る舞いや裾さばき、いわゆる所作です。若い女優さんは和服とは対極の所作であるモデル立ちやモデル歩きになるので、川口さんも身体で覚えるまでは大変だと思います」(ドラマ制作関係者)
https://dot.asahi.com/

川口さんの帰蝶は回を増すごとに上手くなっているように見えます。

Sponsored Link

低視聴率女王の汚名挽回

川口さんの凛とした帰蝶、いいですね、僕は川口春奈の帰蝶を見るのを楽しみに「麒麟がくる」を見ています。着物姿も美しいです。川口さんのファンというより川口さんの演じる帰蝶のファンという感じです。帰蝶が出ない回はパスしますw

川口さんのキャスティングは正解であったと思うし、「麒麟がくる」は皆キャスティングがうまく言っているように思います。

川口春名さんをはじめて見たときは、「うわ~、可愛い子が出てきたな」と思いました。しかし川口さんはかつては主演するドラマの視聴率が伸び悩み、低視聴率女王、低視聴率女優のレッテルを貼られていました。しかし今回帰蝶が見事に当たり、そのレッテルを跳ね返し、汚名挽回したといえるでしょう。

今年はキャスターを務めたり、YouTubeのチャンネル登録者も急増し絶好調です。今年一番ブレイクした女優になるのではないでしょうか。

「麒麟がくる」はしばらくお休みのようですね。川口さんの帰蝶が当分見られないのが残念です。

隠れ麒麟はどこ?確認して実際の画像と比較!(麒麟がくるOP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link