【キンプリ脱退】永瀬廉ラジオ発言全文文字起こし&内容要約!

2022年11月4日にKing & Princeのメンバー3人の脱退が発表されました。その一週間後に永瀬廉さんが自身のラジオ番組で3人の脱退について語ってくれました。コメントを全文文字起こししてまとめたので永瀬廉さんのラジオでの発言を紹介します。

Sponsored Link
スポンサーリンク

キンプリ永瀬廉のラジオ発言全文文字起こし(RadioGARDEN)

以下は2022年11月10日放送の「King & Prince 永瀬廉のRadioGARDEN」でも永瀬廉さんの約30分に及ぶ発言内容です。

キンプリ3人脱退で5人での活動終了について

こんばんは。King & Princeの永瀬廉です。

先週の金曜日King & Princeのことで発表させていただいたんですけど、ほとんどの方がもうご存知だとは思うんですけど改めて、2023年5月22日をもってKing & Princeは5人での活動を終了します

ファンの皆さん、このラジオ聞いてくださってる皆さん、驚かせてしまうような発表をすることになり申し訳ありません。

僕たちはデビューしてからたぶん他の先輩方のグループとかわからないんですけど、多分ですけど僕の肌感覚的にデビュー当初から全員がこんなに集まってグループについて楽曲、MV衣装とかも含め話し合ってるグループってなかったと思うんですよ。

もうそんぐらい話し合ってたし。

歌番組の衣装ひとつにとってもだいぶ時間かけてとか。でみんなが納得いくまで話すグループで。

で去年か僕ら今年5周年を迎える。。。5周年に向かってより各々個人個人がグループに対して、具体的に話をする機会ってのが増えてきて、またその中で海外のことを含めグループの活動に対する個々の考え方がなんか少しずつ違うなというのが全員が感じていて・・・

3人からキンプリを脱退したい理由を聞いて

俺らが初めて辞めたいという意志を聞いたのはグループ仕事の終わりに呼ばれて「実は辞めたいと思っているんだよね」ってふうに伝えられて。

で、辞めたい理由を聞いて、それは発表したコメント通りなんですけどそこわ変わらずで。

までもそのここまでやってきてKing & Princeこれからやし、自分たちでいうのもなんやけどそれぞれの個人仕事もあって、

けっこうやりたいこともやらせてもたってた部分もあった。

俺はやりたいこともやらせてもらってたと思うけど、3人がどう感じていたかはそれは俺の主観の思いになっちゃってたけど、

俺からしたらその選択肢があったということに気付きもしなかった。

だからそれを聞いたときは3人が辞めたいと思っていることもショックやったし、気づけなかった俺もすごい「なにしてたんやろ」と思ったし

いろいろさ止めたし。いやいやうそでしょと。でも聞けば聞くほど3人の意思はすごい固くて、辞めたいって

語気とか強くはなかったんですけど、意志とか決めたことは俺らに言う前からすごいたぶん各々家出考えた結果だからこそ伝えて来たんだと思うし、

でもそんなん納得いかないものは納得いかないから、できる言葉なげかけて「せめて2、3年はもう少し一緒にやらせてくれ」と言ったけど、また気持ちは変えることはできず

またそういう話し合いを何回かして5人で事務所の方々に伝えにいって、事務所の方も止めてくださるんですけど、結果として3人は脱退する形になったっていうのがいきさつかな。

2023年5月22日、そのぐらいに辞めたいと3人はもともと言っていたから

いろんなところで俺と海人と3人の折り合いをつけるとこをみつけようとしたんですけど、まあ多分本人も死ぬほど悩んでたくさん考えて決めた判断

そのうえで俺らに行ってきているわけだから結果的にはその後も話し合って3人の意見を尊重する。

そこは飲み込むしかなかったというのが今の正直なその当時の体感として覚えてることかな。

Sponsored Link

平野紫耀らメンバーとずっと一緒にいても難しい

言うても各々の人生だから、何かに縛られる必要もないし、自分の思うように思うタイミングでするべきだと思うという反面、いろいろ辛いですよね。

今回の件を通じて、特に(平野)紫耀とかずっと一緒にいるんですけど、そういう人間関係ていうのは自分が思っている以上に難しいと感じました。

長ければ長いほど考え方がわかってくるわけでもないしその人の深層にあるものなんてね触れられることなんてないんだなと思ったね。

けっこう早かったんですよ、3人が退所したいという気持ちを聞いてから11月の4日に発表するまで。期間が。

難しいな、言葉が。うーん。だからもう正直ね、俺らも2人になるっていう、2人でKing & Princeとして活動していくという気持ちは怖いし、不安やし。

だって最年少2人が俺が最年長になるわけで。

すごい助けられていた部分もあったから。やっぱ悲しいですよね。

だって想像できないすもん。毎日一緒におって歌番組とか雑誌のアイドル誌の取材とかもさ。
これから2人なるんやとか。そういう見方でしか、この数か月、そういう見方でどうしても見ちゃう部分があったから。仕事してて。それこそこのツアーもそうやったし。

プラスそいういことってファンの皆様に気づかれないようにしないといけないわけじゃないですか。グループ内でそういうことが起きてるってことを、発表するまでは。

だから雑誌のインタビューとかで5周年に向けての質問に答えるのとかつらかった。

めちゃめちゃいろんな仕事で、楽しい仕事をしている中で、フラッシュバックした場面は多々ありましたね。

なんか色々よぎるんですよ。仕事が楽しければ楽しいほど、つらかった。発表するまでは。だって発表する前そういう感情を出したらあかんからさ。いつも通りのKing & Princeでやらなあかんと思っていたし、どうしてもそこは頭によぎった。

どんな顔してライブとかしたらいいか、わからんかったし。はじめてのこういう場合。

不安やったよね。だからもう発表されてファンの人の反応とか入るじゃないすか、どうしても情報として。

俺らは発表までに何か月もあったから落ち着いた中で実際、ファンの人の反応を見てやっぱつらいよね。見れんもん。携帯とかも。

俺としてはKing & Princeっていうグループをどうしても残したかったし、コメントではKing & Princeを守っていきたいとは言ってたけども、そもそも大好きだった6人だった頃のグループも、玄樹(岩橋 玄樹)のこともそうだし、今回の脱退してく神(神宮寺勇太)、岸さん(岸優太)、紫耀のことも言うたら守れんかったわけで、何が守ってくやねん、とかさ。自分が判断したことやけど、わからんくなったりとかしてさ。

玄樹がいて紫耀がいて神がいて岸さんがいるKing & Princeがファンの人もそうだけど好きやったから、来年5周年を迎えるけれど、5、6、7、8、9、10年ずっと・・・くらだんことをして、笑って、そういう姿をみんなに見てもらって、いつまでたっても「バカだなー」とか「ガキだなー」とか言われてこのまま活動していくんやろうなと思っていたから。

Sponsored Link

キンプリを髙橋海人と二人でやる意味

2人でやることに意味があるのかなというところもあったけれど、まぁ決断したし、新たなスタートラインじゃないけれど、俺と海人の2人がKing & Princeを残してよかったなというか、その判断が間違っていたと俺ら思いたくないし、その情報が流れてからファンの人もいろんな憶測に惑わされて、落ち込んで、泣いてというのが見ててこっちもつらいよね。

わかるのよ、気持ちが。隣におった人が急におらんくなるみたいな感覚だから。正直俺らも実感ないし。開始後3人も抜けてさ3分の1になるわけよ、当初から。解散って選択肢もゼロじゃなかったし。

でもやっぱここまでKing & Princeがこれたのは、まぎれもなく皆さんのおかげだと思うから俺と海人はこの決断をしました。

だから3人が悪いとかじゃないのよ。各々の人生やしさ。それを、背中をおしてあげる、尊重するのが俺らの役目でもあると思うし。

その分残った2人が今までKing & Princeを応援してくれてた人たちの寄りかかれる場所にならなあかんなと思ったし。

俺と海人はすごい重たい看板をしょいながら来年の5月23日から活動することになります。

だからわかっててほしいのはどうしてもこいうことがあると所詮アイドルとファンという関係で私たちの気持ちなんて届かないんだと思う方もおるかもしれないけど、少なくとも皆さんのそういう気持ちを感じれたから俺と海人は残る決断をしたわけで、いっさい自分たちは何もできなかったと思わんといてほしい。

そう思われると俺と海人が浮かばれないし、みなさんを受け止めたいから2人は残った決断をしたわけど、その決断をしたのはみなさんの存在があったかていうことを忘れないでほしいな。

だからたかがファンじゃなくて、皆さんが思っていたかもしれないたかがファンっていうその存在が俺らにとってアイドルっていう活動を続ける意味になったてことを知っててほしいなって思います。

3人はそういう決断をしたけどその裏で頑張ろう頑張ろうと思っている2人もおるってことも気付いてもらえたらなと思いますね。

だからむしろ感謝してますね。俺と海人に解散という選択をさせないでくれた皆さんに。

5人のKing & Princeとして

King & Princeの形は大幅に変わってしまうけど、みなさんのことを俺ができることがある限り、そばにいさせてほしいし、みなさんと一緒にいたいなと思っています。

俺が思ったことは。まだあるけど、いまはこんなもんかな。

とりあえず俺はありがたいことに、ラジオっていう機会があるけど、ああいう場ってコメントの場ってカメラも回ってて緊張するから各々がそいういう大きいことの発表だから、うまく言葉にできんかったしてたメンバーもおるかもしらんけど、俺はありがたいことに落ち着いた環境でゆっくり時間をかけて言葉を選びながら伝えることができるから、ラジオをやっててよかったと思ったね今。

またなんかあったらこの場を借りて言っていきたいなとは思っています。

まあ、まだ半年ありますから5月22日まで、それまで5人の活動を続けることができるので。

いつも通りの俺らを見て楽しんでほしいし、一刻も早くね皆さんに笑顔になってもらえるように頑張ります。

2023年5月22日まで5人のKing & Princeとして、5月23日からは2人のKing & Princeとしての活動になっていきます。

まだ全然涙が止まらないよって人もたくさんいるかもしれないですけど、さっきも言ったいろいろな憶測に惑わされず、俺らから出た言葉を信じて、まっすぐ受け止めてもらえたらなって思います。

3人から退所っていう決断を聞いた時はびっくりしたんですけど、今は僕も笑顔で5月22日まで3人の背中を押せるように悔いのない時間を5人とファンのみなさんと過ごしていきたいなと思っています。

そして5月23日からは僕と海人の活動となりますけど2人のことも温かく見守っていただけたら嬉しいなと思います。

いっぱいごはん食べて、いっぱい寝て、しんどかったら無理せず、自分の気持ちと体に正直になってこれからも元気で日々過ごしましょう。

長々とすみませんでした。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

今週はこのような形でお送りしましたが来週以降また楽しくRadioGARDEN
お送りしますので引き続きよろしくお願いいたします。

ということでKing & Princeの永瀬廉でした。
また来週バイバイ。

Sponsored Link

キンプリ永瀬廉 ラジオのコメント 内容要約

永瀬廉さんがラジオで語った内容を要約すると以下の通りです。

  • King & Princeは2023年5月23日をもって5人での活動を終了する。
  • ファンの皆さんを驚かせるような発表になり申し訳なく思っている。
  • キンプリ5周年に向かえメンバーそれぞれがグループ活動について話し合う機会は増えてきたがそれぞれ考えが違ってきているのを感じた。
  • 神宮寺勇太、岸優太、平野紫耀から辞めたいと伝えられてショックだった。理由は発表された通り。
  • 3人が辞めたいと思っていたことに気づかなかった自分にも「何してたんだろう」と思った。
  • 色々と引き止めたが3人の意志が固く気持ちが変わらず、事務所に伝えて3人は脱退する運びとなったなった。
  • 2023年5月22日ぐらいに辞めたいと3人は言っていたが髙橋海人を含め折り合いを探ったが結果的には3人の意見を尊重した。
  • 今後最年少の永瀬廉と髙橋海人の二人で活動していくのが不安であるがあるが、どうしてもKing & Princeというグループを残したかった。そう決断したのはファンの皆さんのおかげである。
  • 2023年5月22日までは5人のKing & Princeとして活動するのでいつも通りファンの皆さんと過ごしたい。
  • 5月22日からは二人のKing & Princeになるけど温かく見守ってほしい。

永瀬廉さんはラジオで辛い気持ちをコメントされて時折涙ぐんでいました。

永瀬廉さんはこんなにもグループ愛が強くファン思いの人だったんですね。2人だけになってもキンプリを残してくれて嬉しいです。

これからも応援します。

2022年の紅白歌合戦の出場者もうすぐ発表されますがキンプリがどうなるのか気になります。辞退するのではないかという噂まで出てい...

キンプリ脱退について永瀬廉さんのラジオ発言内容についてでした。

Sponsored Link
Multiplex広告202204

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link