ニューヨーク嶋佐 英語がペラペラな3つの理由!海外留学経験は?

お笑い芸人ニューヨークの嶋佐和也さんは英語が得意とのことで、街で外国人女性をナンパしてしまうほどの英会話の実力があります。一ヶ月海外留学をしたことがあるそうですがそれだけで英語がペラペラになるとは思えません。どうやって英語力をつけたのでしょう。

Sponsored Link
スポンサーリンク

ニューヨーク嶋佐和也の英語力 外国人女性をナンパ

ニューヨーク嶋佐和也さんの英語力が注目され始めたのは2019年7月に放送されたAmebaTVの「チャンスの時間」です。

外国人の彼女が欲しいというニューヨーク嶋佐さんが外国人女性をナンパするという「インターナショナルナンパ」に挑戦、街で外国人女性に果敢に声を掛けていきます。

日本人相手でも難しいのに、言葉の違う外国人をナンパなんて難易度が高すぎると一見思いますが、嶋佐さんは周りが驚くほどスラスラと英語を話していました。

相方の屋敷裕政さんやスタッフもはじめに見たときはびっくりするほどで、ただしゃべれるというだけでなく意思疎通もできているのにも驚きました。

そしてついに英会話教師のイタリア女性と連絡先を交換することに成功しました。

第二弾ではアメリカから来た金髪美女とカフェで英会話をするのですが、世間話から始まり趣味の音楽やロックバンドの話題で盛り上がっていき、その日にカラオケにいく約束まであっという間に取り付けてしまいました。

私もこれを見ていて感心してしまいました。当たり前のように普通に会話ができてナンパができているのです。

普通に教育を受けていれば一定年数は学校で英語を習いますが、とはいえ実践であそこまでペラペラとはなかなか行かないものです。

「チャンスの時間」で外国人女性と流暢に会話するニューヨーク嶋佐和也

嶋佐和也 学生時代の海外留学の経験は?英語は大学で勉強?

嶋佐さんはどのように英語を上達したのでしょう、また英会話の実力をつけたのでしょうか。

嶋佐さんは大学は神奈川大学を卒業しています。神奈川大学にはたしか外国語学部がありましたがそれでかと思ったのですが嶋佐さんはどうやら経済学部だったらしいです。

ではどうやって学んだのか?

嶋佐さんは学生時代に1か月間カリフォルニアに留学したことがあるという話を聞きますが、それだけであそこまで英会話ができるようになるとは思えません。

嶋佐「いや、本当はそんなにしゃべれないんですよ。実際はめっちゃ簡単な言葉しか並べていませんし。大学時代に一ヶ月ほど、カリフォルニアに行ったことはありますが…」

引用:https://www.hikaritv.net/

確かに大学時代に一ヶ月ほどカリフォルニに行ったことがあるそうです。

しかし、嶋佐さんが言うには実際は地元の友達がカリフォルニアの大学に通っていたのでちょっと遊びに行っただけなのだそうです。嶋佐さんの地元って確か山梨県でしたがその友達を訪ねて行ったというだけみたいですね。現地では友達の家にずっといて外にはほとんど出てなかったんだとか。留学したというわけではないようです。

英会話については簡単な言葉を並べているだけで、本当はそんなにしゃべれないと発言しています。このように謙虚に話していますが、しかし実際にはできているわけですから、なにか理由があるんでしょうね。

Sponsored Link

嶋佐和也 英会話がペラペラに上達した3つの理由

ロックが好きだから

嶋佐さんに英語が上達した理由を尋ねると「毎年サマソニに行っているから」と話していました。

「チャンスの時間」で金髪美人と会話をしていたときは確かに音楽の話で盛り上がっていました。

嶋佐さんは音楽が好きでロックをよく聴くそうです。

初めて買った洋楽CDがエアロスミスでグリーンデイやアメリカのハードコアパンクを聴きまくり、高校生の頃はレディオヘッドやオアシスなどのUKロックを聴いたそうです。

ロックフェステバルにもよく行くそうで、アークティック・モンキーズがトリを勤めた2007年のサマーソニックが一番思い出深いフェスだと語っています。

ロック通のロック大好き芸人なんですね。ライブのネタの合間に入れる曲を決めるのがDJ気分で毎回楽しいそうです。

洋楽が好きな人は英語が得意ってのは案外そうなのかもしれません。歌詞を聞き取ろうとしてわかってくるのでしょう。

Sponsored Link

フィーリングだけ

実際に英語ができてもいざ目の前で外人と面と向かうと英語が出てこなくなってしまいますよね。
相方の屋敷さんは同志社大学卒業なので受験で英語をしっかり勉強されているはずなので屋敷さんの方が英語はできるとおもうのですが、やはりいざとなるとしゃべれないそうです。

自分も会社で電話に出て相手が外国人だったので困惑してしまい、英語でなにか話そうとしても全然出ててこなかったことがあります。

屋敷「英語は僕のほうが受験でしっかり勉強しているはずなんですけど、いざ目の前に外国の方がいらっしゃったら、(英語は)出てこなくて。嶋佐はその点、フィーリングだけでいってる。でも、英語がしゃべれる、しゃべれないの差って、そこだと思いましたね」

引用:https://www.hikaritv.net/

相方の屋敷さんから見ると嶋佐さんの英語はどうやらフィーリングだけでいっているのだそうです。考えるな!感じろ!ってやつですね。

フィーリングだけであそこまでできるのかと思うのですが、いつもそばにいる相方がそう行っているのでそうなのでしょう。

ハートが強い

嶋佐さんは大阪チャンネルの「お前がプロデューサー」でも外国人にナンパをするという企画をやっていました。

実は嶋佐さん自身は普段ナンパとかをする人間ではないそうです。断られると普通にヘコんでしまうんだそうです。

ニューヨークのYou Tubeチャンネルでも街で外国人に声を掛けまくる企画をやっていますが街で声を掛ける企画をやっているうちにハートが強くなってきたそうです。

嶋佐さんはテレビ局の廊下でアメリカのヘヴィメタルバンド・スリップノットに声を掛けて写真撮ってもらったこともあるそうです。英語話せるって特ですよね!

ニューヨーク嶋佐の英語力 まとめ

フィーリングとハートだけであそこまで英会話ができてしまうというのも驚きです。私は以前外国を旅行したときに騙されてお金を取られたことがあります。そのとき思ったのが言語が通じなくても詐欺って成立するんだなあと思いました。

フィーリングとハートってなんかわかる気がします。

ニューヨーク嶋佐和也 似てる人一覧!学生時代は山Pにそっくり?

以上、ニューヨーク嶋佐和也の英語の実力についてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link