中村ゆりの若い頃!アイドル歌手YURIMARI時代や20代の画像が可愛い

ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍する中村ゆりさんは、昔アイドルから女優に転身したことを知らない人は多いかもしれません。
中村ゆりさんのアイドル歌手時代や女優に転身した経緯や20代の頃の画像などを紹介します。

Sponsored Link
スポンサーリンク

中村ゆり YURIMARIでアイドル歌手としてデビュー

中村ゆりさんは1996年「ASAYAN」のオーディションに合格したのが芸能界に入るきっかけでした。「ASAYAN」とはモーニング娘。や鈴木あみらを輩出したオーディション・バラエティです。合格したゆりさんは友人の伊澤真理さんとアイドルヂュオ・YURIMARI(ユリマリ)を結成して1998年に歌手デビューしました。

YURIMARIの名称は当時人気のあったJUDY AND MARYの愛称・ジュディマリの語呂に引っ掛けたものだったそうです。

コンセプトは「バカPUFFY」だったといいいます。

所属はエイベックスで、浜崎あゆみやEvery Little Thingを手掛けたあの松浦勝人氏がプロデュース、楽曲はサンプラザ中野とパッパラー河合が提供、デビュー曲はビートたけしの番組のエンディング曲に起用され、森永のCMにも出演したりしますがなかなか目が出ないまま1年ほどで解散しました。

6枚のシングルとアルバム1枚を発表しています。

左が中村ゆりさん、右が伊澤真理さん

YURIMARI時代の画像 PVやCM

デビュー曲「スーパースター☆ハムスター」

「たけしの誰でもピカソ」のエンディングテーマに起用されてオリコンで最高69位でした。

4枚目のシングル「love love dreamer」のPVから。

この曲は解散後もテレビ静岡「くさデカ」のテーマ曲に使用され続けていて、静岡住んでいる人で知らん人はいないといわれています。

5枚目のシングル「初恋〜はるかなる想い〜」のPVより

爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」のアンサーソングでありオリコン47位に。これが最高位でした。

最後のシングル街路樹

楽曲は他にもアサヒ飲料十六茶や森永チョコレート小枝のCM曲に起用されたり、「ドクタースランプ」のオープニングテーマに起用されたり、曲を聞いて思い出す人も多いかもしれません。「めちゃ×2イケてるッ! 」や「マジカル頭脳パワー!!」などのバラエティにも出演しました。なんかゴリ押しがすごいですね。

実際にPVを見ると歌唱力が・・・女子高生のカラオケレベルで、大人にやらされてる感を感じざるをえませんでした。

森永小枝のCMにも出演

結局YURIMARIは泣かず飛ばずで1999年解散します。

中村ゆりさんはYURIMARIの頃の写真をインスタに公開していました。

10代の頃の貴重な写真です。かわいいですね。

YURIMARI解散から女優に転向するまで

中村ゆりさんが芸能界入したのは15歳でしたが、このころは自分が何をやりたのかわからず漠然と上京して芸能界に入ったといいいます。その頃を振り返り、自分なりに頑張っていたが上手くいかずただ無我夢中なだけだ、アイドルとして3年間活動してきましたが、自分はアイドルには向いていないということを感じそうです。

YURIMARIが解散して一人になり一度休憩してみようと三年間休んだといいます。

それから女優に転身するまでの間アルバイトもしたりしましたが、何もできることがない自分に無力さを感じたといいます。レジ打ち一つできなかったといいます。

しかし何百円かの時給をもらうことがどれだけ大変かという芸能以外の仕事の大変さも知り、それは今の仕事にとても生きているそうです。

活動休止して三年ほど経って将来どうしようかと悩んでいたときに、女性映画プロデューサーに出会いオーディションを受けることを進められたといいます。

ゆりさんは自分に役者なんかできるわけがないと思っていましたが、運良くそのオーディションに受かり、小さな役をいただくようになり、女優としての人生が始まりました。

ちなみにユニットを組んでいた伊澤真理さんは解散後ネイルアーティストになるために渡米、帰国後芸能界に復帰して、ネイリストをする傍らタレント活動もしています。中村ゆりさんとも親交はあるようです。

Sponsored Link

中村ゆり20代の頃の画像

2003年から女優として活動し、2007年に映画「パッチギ! LOVE&PEACE」で全国映連賞の女優賞を受賞し、注目をされます。

その後も脇役として数々の作品に出演、知名度こそ高くはないですが、脇役で出演して「あの綺麗な女性は誰?」という爪痕をのこすような存在へとなっていきました。

この頃の20代の頃の写真をゆりさんはインスタに公開していました。

この投稿をInstagramで見る

20代半ば辺りでしょうか… 溌剌としておりますね。

中村ゆり yurinakamura(@yurinakamurawoori)がシェアした投稿 –

こちらは24、5歳くらいだそうです。

この投稿をInstagramで見る

写真無いから過去遡り写真💦 これも24.5歳の頃ですかねぇ。 若い!頬っぺたぷくぷく!

中村ゆり yurinakamura(@yurinakamurawoori)がシェアした投稿 –

今も昔も美人で変わりないですね。

中村ゆりさんは脇役で多数の出演作があり、朝ドラも「おひさま」「梅ちゃん先生」「花子とアン」「わろてんか」現在放送中の「エール」と5作品も出演しています。僕が印象的だったのは日本生命のCMです。美人お母さんの笑顔に胸を打たれました。YURIMARI時代の画像や映像を見て過去にこんな経歴があったのかとびっくりでした。

中村ゆりさんの笑顔にはいつも癒やされます。これからも活躍期待しています。

以上、中村ゆりさんの若い頃でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link