横山由依の卒業後を予想!ソロで歌手活動かユーチューバーに転身?

アイドルグループAKB48の主力メンバーとして活躍した横山由依さんがAKB48の卒業を発表しました。卒業の理由は「夢が具体的に見えて一歩踏み出した」とのことですが、横山由依さんの現在の活動について調べて今後の活動を予想してみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

横山由依 AKB48を卒業!卒業理由は?

AKB48の横山由依さんが2021年9月12日に行われた『MX夏まつり AKB48 2021年最後のサマーパーティー!』で卒業を発表しました。

以下のようにメッセージを送っています。

「私は2009年に加入して12年、AKB48にいたんですけど、本当に大切で、宝物のような仲間に出会えたこと、そして、どんなときでも応援してくださるファンの皆様に出会えたこと、AKB48で本当にかけがえのない、大切な経験をたくさんさせていただいたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」

ゆいはんこと横山由依さんは2009年に9期生として加入して以来主力メンバーとして活躍、2015年から2代目総監督も務めてメンバーの信頼も厚かったです。

しかしついにこの日が来てしまいました。
お疲れ様でした。

12月9日に卒業コンサートが行われるそうです。

横山由依さんは卒業を決めた理由として

「ここ最近、私が以前から思い描いてきた夢がより具体的に見えてきたので一歩踏み出そうと決断しました」

と明かしています。

自分の夢がより具体的に見えてきた」とのことですが、横山由依さんはの夢とはどんなものなのでしょうか?

横山由依 AKB48卒業後の計画は?

横山由依さんはYoutubeで卒業後の計画について触れられていたことがあります。

2020年6月に公開された「[質問コーナー]なんでも答えます!AKB48横山由依の質問返し[Q&A]」という動画の中で

「AKB48卒業後の計画はありますか?」という質問に対して

「具体的に考えていない。今までしっかり道筋を立ててやってきたわけではないので
ひとつひとつのことをしっかりやっていけたらいい。」

とこのときはこう答えています。

「今一番やってみたい仕事はなんですか?」

の質問には

「たくさん興味がある。歌、お芝居、旅、写真などいろんなことをやってみたい」

と答えています。

この時点では卒業後のことはあまり固まっていないようですね。

由依さんの夢とはなんなのでしょうか?

Sponsored Link

横山由依の夢とは?卒業後やりたいこととは?

横山由依さんは2021年の正月に「今年やりたいこと100個発表!」という動画で2021年にやりたいと思っていることを発表していました。

全部で100個挙げています。この他にも一部抜粋紹介すると

ソロコンサートする
ドラマに出演
冠番組を持つ
ナレーション
写真展
ゲーム実況
ソロアルバム
グッズのプロデュース
英語を話す
MVを撮影する(AKB)
本を出版
声のお仕事
You tube 10万人!!
LINEスタンプをつくる
香りのプロデュース
オンラインサロン
何かの司会
作詞・作曲
ドラム
和服のお仕事

・・・とこんな感じで、たくさんあります。

やりたいことがたくさんあるのは素敵です。

最近は俳優としても活躍しているのでドラマ出演もみたいですね。

この中に卒業を発表した横山由依さんの「具体的に見えた夢」というのがあるのかもしれません。

Sponsored Link

横山由依 卒業後はソロで歌手活動?

横山由依さんは幼稚園の頃から音楽教室に通っていて小さい頃から音楽が好きで
歌手を目指すようになったといいます。

そんなAKB48のオーディションに応募したのは

ORICON STYLEの取材に横山は「素敵な歌手になって、夢を与えられるような魅力ある人になりたいと思っています。応援よろしくお願いします」と初々しくもハキハキと答えた。

AKB48の研究生(9期生)オーディションに応募しようと思ったのは「夢を叶えるための一つの通過点というコンセプトにひかれるものがあった」からだという。

引用:https://www.oricon.co.jp/news/84232/

と答えています。

このような経緯から歌手の道も捨てていないと思います。

卒業後は歌手としてソロで活躍していく可能性もあると思います。

横山由依 卒業後はプロデュース活動かユーチューバー?

横山由依さんは2015年から3年4ヶ月の間AKB48の二代目総監督を務めました。

AKBの総監督の仕事とは

総監督はAKB48グループ総出演のコンサートなどでメンバー全員にコンサートへの意気込みや注意事項などを話す。
コンサートが終了した後にメンバー全員にコンサートで見掛けたメンバーの行動やコンサートでの不満点な事を話す。
総監督はメンバーから憎まれても恨まれても良いから、コンサートをより良い物にする為に憎まれ役をかってでて、メンバー全員に叱咤激励をする

引用:Yahoo!知恵袋

といった裏方的な仕事であり、世間の会社でいう中間管理職みたいなものです。

横山由依さんはAKBグループの牽引をして人望も厚く、この経験はプロデュース業などにも生かされるかもしれません。

横山由依さんは「今年やりたいこと100個発表!」でも

・香りのプロデュース
・グッズのプロデュース
・作詞・作曲

なども挙げています。

総監督をやっていたのもそういう資質があったからかもしれません。

また、そういうプロデュース的な才能はYouTubeにも生かされることでしょう。

横山由依さんは2020年3月からYouTubeチャンネルを開設してユーチューバーとしても活動しています。

卒業後はYouTuberとしての活動に力を注いでいくのかもしれません。

「今年やりたいこと100個発表!」でも

・You tube 10万人!!

という目標を掲げています。(2021年9月で登録者8.3万人)

ということで横山由依さんの卒業後を予想してみました。

これからもかわいいゆいはんの動画楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link