水谷隼 引退後は起業してカレー販売?ゲーマーやタレントの可能性も!

東京オリンピックで活躍した日本卓球界のエース・水谷隼選手が現役引退を宣言しました。理由は視力の低下で現役選手として続けるのが難しいとのことです。気になるのは引退後の身の振り方です。水谷選手が引退後どのような活動をするのか調べてみました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

卓球・水谷隼が引退宣言!理由は視力の低下

東京五輪で活躍した卓球の水谷隼選手は現役引退を宣言しました。

東京五輪が集大成と思って一生懸命やってきて、そこで最高の結果を残せて良かった。卓球からは完全に離れる

引用:https://mainichi.jp/

引退の理由として視力の低下を訴えています。目が完治するなら卓球を続けたいそうですが現状では治療法がないとのことです。

張本智和選手が「引退させません」と言ったように、それを望んでいる人も多いと思います。

しかし引退については東京五輪前から決めていたことのようです。

引退後はどうするのでしょうか。指導者になり卓球界を盛り上げていく道もあるかと思うのですが、現役を引退後は卓球から完全に離れると話しています。

まだ、若い水谷選手が卓球から離れてどのような活動をしていくのでしょうか。

卓球日本代表水谷隼

水谷隼 引退後は起業してビジネスを!事業家に?

水谷隼選手が現役引退後の身の振り方について、2019年に卓球専門メディアのRalyys(ラリーズ)のインタビューで答えていたものがありました。2020年の東京五輪に出られたとして、それが終わった後のことについて以下のように語っていました。

「新しい挑戦をしたい。やりたいことがあるんです。もしかしたら悪い方向にいくかもしれないし、もっと良くなるかもしれない。ただなんかこのまま卓球だけの人生で終わりたくない気持ちが強いんです」

引用:Rallys

水谷選手は卓球以外で何かやりたいことがあったようです。卓球選手から離れるという考えはこのときからあったようですね。

卓球愛好者に戻る」とも語っています。

「自分のやりたいことは、絶対に日本代表とは両立しない。そろそろ僕は一人の卓球愛好者に戻ろうかな、と。なんか中途半端に両方やるよりは卓球はもう一つ区切りをつけて、自分の人生をやりたいっていうのがありますね」

引用:Rallys

水谷選手がやりたいと思っていることは日本代表とは両立しないようなことだといいます。

それは具体的に何なのでしょうか?

「具体的には言えないんですけど、起業してビジネスをやりたい気持ちはあります。僕のやりたいことって、若くて、ある程度知名度があって、経済的な自由がないとできないこと。それに適する人って日本になかなかいないと思うんですよね。」

引用:Rallys

何なのかその時点では不明ですが起業してビジネスをすることを考えていたようです。事業家として第二の人生を考えているようです。

Sponsored Link

水谷隼が引退後に起業するビジネスとは年収1億円以上で可能?

上記の話しによると水谷隼選手がやりたいビジネスというのは以下の条件が揃って可能だといいます。

  • 知名度がある
  • 経済的余裕がある
  • 時間の自由がある

そして水谷選手が言うには自分にしかできないことらしいです。

水谷隼選手は全日本選手権では10連覇を達成して、オリンピックでも日本にメダルをもたらした日本卓球界を代表するエースプレイヤー、知名度は充分にあります。

また、過去にテレビ番組に出演した際には「貯金が1億円ある」と話していました。ロシアリーグでプレイした頃から年俸は1億を超えたそうです。

「(2017年の)オレンブルクの頃からかなぁ。実は年俸は1億円を超えました」

「一度、億を超えて以降はコンスタントに維持しています」

引用:Rallys

経済的余裕も充分にある様子です。

そして東京オリンピックが終わり引退した時点ではまだ32才です。時間的余裕も充分あります。

水谷隼選手が言う条件は確かにすべて揃っていますね。

水谷隼が引退後に起業するビジネスや活動は何?

水谷隼選手が引退後に起業しようとしているビジネスについて具体的に何をするのかは明言していません。何をしようとしているのか、いくつか推測してみました。

カレーの開発と販売事業

水谷隼選手は食品会社「フリーデン」とスポンサー契約してカレーの開発を行っています。

2015年に販売された水谷隼カレーは水谷隼選手が監修を行いました。

水谷隼選手はカレーが大好きで、海外でも不自由なくカレーが食べられるようにと開発に参加したのだそうです。

野菜が多めで具が大きくておすすめらしい。一度食べてみたいと思うんですけどね。

こちらのカレーはなかなか好評で第二弾「水谷隼カレーブラック」、第三弾「水谷隼ハンバーグハヤシ」と新作も登場しています。

なるほど水谷隼選手の知名度が充分生かされています。カレー以外にも他の商品を作って欲しいですね。

eスポーツの選手・ゲーマー

水谷隼選手は大のゲーム好きとしても有名です。オフのときは廃人のようにゲームに没頭しているというレベルらしいです。

実際にテレビ番組に出演した際に将来はeスポーツの選手になりたいと話していたこともありました。

eスポーツも世界的に盛り上がっていて世界中で大会が行われています。優勝賞金が億単位の大会もありますし、オリンピック種目に加える可能性もあるという話もあるとか。

またスマホゲームも趣味である有名YouTuberとコラボすることなどもあります。

水谷隼選手が話していた「自分にしかできないこと」とはこのことなのでしょうか?

芸能人になり芸能活動?今後タレントに?

2016年リオ五輪の後、卓球初のシングルスで銅メダル、団体で銀メダルを取った水谷選手はバラエティ番組に引っ張りだこでした。

バラエティー番組の即戦力ですよ。彼が芸能系の事務所とマネジメント契約を結んでいることも、テレビ側にはプラス。オファーが殺到するはずです

引用:https://www.nikkan-gendai.com/

水谷隼選手は弁が立ち、頭の回転も速くアドリブにも強いです。

「根暗、ダサイという卓球のイメージを払拭したい」
「卓球はカネが稼げる。1億円も夢じゃない」

これらの大胆な発言も話題となり、視聴率稼ぎの人材としてテレビ局関係者からも使いたい存在ででした。

タレントとして生きる道もありかと思います。

また、現在水谷隼選手は木下グループ所属です。木下グループは主にリフォームや不動産事業を行っています。その他福祉・教育事業や芸術文化支援活動など幅広い事業を行っています。そちらとなにか関わり合いあることもあるかもしれませんね。

Sponsored Link

水谷隼が引退後に卓球の指導者やコーチになる可能性は?

現役を引退しても卓球界で業界を盛り上げていく道もあると思います。

しかし、そういう意思は「全くない」と応えています。

代表を退いても卓球界に残り、業界を盛り上げる道もあるはずだ。フェンシングの太田雄貴氏は協会長になり、先頭に立って業界を盛り上げている。だが「あー、それはないですね。全くないです」。こともなげに否定する。

引用:Rallys

現在、水谷隼の後継者がいないと卓球界では嘆かれています。それは水谷隼選手自身も「日本の若手がまだまだ」と感じていたことです。

東京五輪を集大成に現役引退するのも格好いいと思います。でも団体で銅メダルを取ってこれからって感じで、コーチでもやればいいんじゃないかなとも思います。

水谷選手の意思は硬いようなので難しいかもしれません。

しかし常日頃から「卓球をメジャーにしたい」と話していた水谷隼選手です。卓球界から離れると言ってはいても、またいつか卓球のためになんらかの形で戻ってくることは考えられるでしょう。

卓球界から離れたとしてもいつか戻ってきてほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link