有吉弘行と夏目三久 5年前事務所の圧力で交際否定?田辺社長の力?

有吉弘行さんと夏目三久さんが2021年4月1日に入籍。結婚しました。5年前の2016年に二人の熱愛騒動が出たときは完全否定され、誤報ということで済まされましたがあの一件はなんだったのでしょう。事務所の圧力があったといわれています。

Sponsored Link
スポンサーリンク

有吉弘行と夏目三久 5年前(2016年)の熱愛報道と交際否定

2021年8月24日日刊スポーツが有吉弘行さんと夏目三久さんの熱愛をスクープしました。

有吉弘行 夏目三久 妊娠

引用:https://www.dailyshincho.jp/

「夏目三久アナ妊娠、有吉弘行と熱愛 結婚時期は未定」

記事の内容は「2011年4月に開始したテレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」で共演して親しくなり交際をしており夏目さんが妊娠中で結婚時期は未定・・」という内容でした。

日刊スポーツは25日続報として「年内結婚」「来年3月に「あさチャン!」を卒業」と続報を出します。

大スクープで世間の注目も集まりましたが夏目三久さんは自信が出演していた情報番組「あさチャン!」でこのことを触れるかと思えば全く触れませんでした。

双方の事務所も「事実無根」と否定していました。

有吉弘行さんも27日出演番組で「誤報記事を書かれた」28日にはラジオで「熱愛とか妊娠だとか結婚っていうのは、本当に全くないこと」と完全否定、ツイッターでも「狐につままれたような気分」とツイートしています。

9月1日スポニチの一面で夏目三久さんみずから「記事に書かれているような事実はありません」と交際や妊娠を否定しています。

その後報道については誤報とという扱いになり、結局ウヤムヤな形になりましたが騒動はおさまりましたがあの一件はなんだったのでしょうか。このとき報道を見ていてなんだか歯切れ悪いなあっていうのを記憶しています。

夏目三久の所属事務所 田辺エージェンシー

日刊スポーツはこのスクープを一面で報じてしかも「妊娠」「年内結婚」と強気の内容でした。それをあっさりと誤報とされるのは不自然でした。一流新聞の紙面で一面に堂々とそんな情報が不確かな記事を載せるのも普通ありえないことです。

ネットニユースで取り上げられたもののテレビ局各局もワイドショーでその後追いが取り上げることもなかったのも異様な感じでした。

事務所の圧力があったなどとの話がありましたが、有吉さんが所属するのが太田プロ、夏目が所属する田辺エージェンシーとどっちも業界に多大な影響力を持つ大手の芸能事務所です。

ただ二人の熱愛についてはそれ以前より情報がキャッチされていたようです。

「実は、2人の熱愛は一部の芸能記者がキャッチしていて、9月頃に発表されるのではと読んでいたのです。しかし、夏目が所属する田辺エージェンシーは、この交際に猛反対。理由は夏目と事務所の関係にあります」(芸能関係者)

引用:https://www.asagei.com/

以前プライペート写真流出で日テレを退社した夏目さん。それを救済したのが現在の事務所の田辺エージェンシーです。「あさチャン!」の仕事も事務所が強引に夏目を起用させたとも言われています。

Sponsored Link

田辺エージェンシー田邉社長 夏目三久を寵愛

田辺エージェンシーの田邊昭知社長は夏目三久さんをお気に入りで特に目をかけていたといいます。その寵愛ぶりは有名だったとか。

夏目が所属する「田辺エージェンシー」の田辺昭知社長の夏目への寵愛ぶりは有名で、まして“芸能界のドン”と目される人物。報道がフェードアウトしたのは当然のことのようだ。
https://www.asagei.com/

朝の帯番組「あさチャン!」のキャスターになってからは夏目を都内のホテルに住まわせたのも社長の配慮でした。

田邉社長が二人の交際を知ったのが2016年の初め頃だったといいます。田邉社長は夏目さんを表舞台に復帰させた恩人であり、そんな田邊社長に有吉さんとの交際を報告していなかった夏目さんに対しては相当怒っていたといいます。

田邉社長 交際反対で「怒り新党」降板?各局へ圧力!

田邉社長は夏目さんと有吉さんの交際には反対していたそうです。

夏目三久さんが2016年3月に「怒り新党」を降板してしまったのもそれが原因のようです。

確かに、夏目が番組を去ることになったのは、有吉との交際が原因です。番組のメインはマツコ・デラックスと有吉だから、夏目が退かざるを得なかった。その前後に夏目は田邊さんと面談し、“有吉さんと結婚してゆくゆくは子供を産みたい”と伝えました。加えて、“仕事の量を減らしてもらいたい”とも訴えた。

引用:https://www.dailyshincho.jp

夏目さんは更に仕事の量も減らしたいと田邉社長に相談していました。

そんなときに熱愛報道が出てました。田邉社長がすばやく手を打ったようです。

“寝不足とストレスが原因だ”と漏らしていたから、夏目の問題がきっかけになったんじゃないですか。そんな状況にあっても、田邊さんの動きは速く、報道後すぐに有吉と彼の所属事務所である太田プロの社長と面談。ドンによる“事情聴取”に有吉は血の気が引いていたようですが、この件は手打ちになりました。

引用:https://www.dailyshincho.jp

そして田辺エージェンシーから一切触れないようにとテレビ局各局に圧力を掛けたといいます。

テレビ各局には、夏目の所属事務所から『日刊スポーツの記事に一切触れるな』という指令が下っています。あわせて有吉の事務所にも猛抗議の電話が入ったため、事態は急速に封印される流れとなったのです。
引用:https://www.asagei.com/

日刊の記事には1秒も触れるな」と言っていたとか。

Sponsored Link

“芸能界のドン”田邉社長 嫁は小林麻美

田辺エージェンシーの田辺社長は芸能界のドンと言われているほと影響力を持つ実力者と言われます。

「日本の芸能関係で何かあると、テレビ局でも芸能プロでも、全ての物事を田邊さんにお伺いを立てて決めるというくらいの実力者」

引用:https://www.dailyshincho.jp/

田邊昭知社長は元スパイダースのリーダー兼ドラマーであり、堺正章さんかまやつひろしさんを率いてGSブームの先駆者となった人です。

70年に引退して、73年に田辺エージェンシーを設立、研ナオコさんタモリさんを発掘して、ナベプロ ホリプロと肩を並べる芸能プロにしました。

妻は女優・モデルとして活躍していた小林麻美さんです。1991年田邉社長が当時52才のときに37才の小林さんと結婚しました。15才の年の差婚です。

ちなみに小林麻美さんが田邉さんの事務所に移って来てから17年の付き合いの上に結婚、二人の仲は周囲には知られていましたがマスコミには全く知られおらず突然の発表でした。

小林さんは身長164cmと大柄、田邉社長は「大柄なタイプの女性が好き」と公言していました。夏目三久さんも身長168cm。背が高くて細くてなんとなく顔も似てますよね。

夏目三久さんを目に掛けていたのは自分の嫁に似ていて好みの女性のタイプだったからかもしれませんね。

さらに、田邉社長と小林麻美さんが結婚の2ヶ月前に既に出産していたそうです。このことを「私の恥として受け止めています」と田邉社長は語っています。

それゆえに、有吉弘行さんと夏目三久の交際を反対したのは自分の所属事務所のタレントに手が付けられることには許しがたかったのかもしれないですね。

有吉弘行と夏目三久の馴れ初めは?交際期間や結婚報道否定の真相は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link