撮影した野鳥のこと アオサギ

アオサギはシラサギと同様の鷺の仲間ですがシラサギとは違い羽が灰色です。名称はアオサギですがなるほど青に見えなくもない、という感じです。シラサギと同様によく見かける野鳥のひとつです。

シラサギと比べると僕はどうも最初はアオサギは好きにはなれませんでした。全身白のシラサギに比べると色のせいかどうもなんかグロテスクな印象があったからです。

しかし、これが見続けているとなんとも愛嬌のある鳥に見えてくるようになりました。体長はわりと大きく、これが水辺などに立ちすくんでいる姿がなんとも珍妙な感じにも見えてきます。たまに変な、よくわからないポースをとったまますっと立っていたりもしますし。それが可笑しくて・・・(どうも日光浴をしているようですね。)

それが独特の雰囲気を醸し出しています。怪鳥とでもいうんですかね。よく見ると顔も面白いしw

撮影した写真を拡大して見てみると、なんか特撮ものに出てくる怪獣にも見えなくないです。怪しげな迫力があります。また、立ちすくんでいる姿は中に人が入っているんじゃないか?とも感じてしまいます。とにかく面白い被写体です。

アオサギとゴイサギは同じ鳥の別名称かとずっと思っていたのですが違うようですね。最近知りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link