望遠レンズについて

スポンサーリンク

新しいレンズを購入

最近カメラを買い替えたので、レンズも思い切ってもう一つ上の望遠レンズを買ってみました。400mmの望遠レンズです。

野鳥撮影に今までは300mmでなんとかやっていましたが使っているとやはりもっと上がほしい、やはりそう思ってしまいます。本格的にやるなら500mm600mmが必要なのは前からわかっていました。しかし価格も高いし大きいし重いし悩んでいました。

300mmは物足りない、500mmはデカすぎると悩んでいました。しかし、最近はその中間くらいのものもできてきたようで価格も手頃なので購入してみました。

500mm、600mmとなると三脚が必要になってきます。しかし三脚を使うのもちょっと抵抗がある。三脚を使うと位置が固定されてしまうし、移動も難儀です。

とにかくこれでカメラもレンズもレベルアップしました。

ライトバズーカ

400mmの望遠レンズはどうやら最近できたジャンルのようです。500、600mmの望遠をバズーカと呼ぶのに対し、400mmはライトバズーカと呼ぶようです。

300mmよりちょっと上のはないか?300だと足りず600だと重いし高い、その中間くらいのはないのだろうかと思っていたら出ていました。400mmくらいならなんとか手持ちで撮影できるギリギリのところではないでしょうか。三脚を使うとやはり腰が重い気がします。すぐに移動できたり、方向転換できたりと、機動力は捨てたくはありません。

400mmのレンズで動きまわって撮影する、最近はそういうスタイルです。(流石にずっと構えているのは楽ではありませんが・・・)

ちょっと不満なのは自分のカメラメーカーの純正品のものではないというところです。カメラメーカーのレンズにはなく、レンズメーカーの製品ではあります。

今までにない距離感

この400mm望遠レンズにより今までとどかなかった距離へ入れるようになりました。
いままでは中型くらいの野鳥(カモメなど)を撮影してちょどよかったくらいでしたが、小型の野鳥の撮影ができるようになりました。例えば今までカワセミの撮影が非常に厳しかったです。撮影しても本当に小さくでした。しかしとうとうカワセミの距離へ入ることができました。

それでも次はもっと上がほしいと欲が出てきてしまいます。600mm望遠にいくか?しかしそれでは機動力が・・・と考えてしまいます。

ただ、別の方法として「テレコンバータ」というものがあるらしいです。最近知ったのですがこれは使用しているレンズにつなげて距離を例えば倍にすることができるというものだそうです。価格もそこそこのようで手に入らないこともない感じです。

当分は今のスタイルを続けますが、次の段階は考えてみるつもりでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link